ツインレイ いてもいなくても関係なくない?

ネットの情報を色々見たり 自分で体験してみると。。。

ツインレイの存在は 象徴のようでもあるなと思った時

自分の内面を刺激してくれた相手。ということでは納得しているのですが

統合後にお互いに愛し合う。とかなんとか。 う~んん。 鉄は熱いうちに打てが信条ですので

これは私のパターンかもしれませんが 今が大事でしょ。と思うのです。

魂を磨く相手。もちろんもどかしい感じもあるし

なぜこんなに 魂が揺さぶられるの?とか どうしてこんなに不思議な体験が起きるの?というのは

物凄く謎なんですが

受け入れてください。とか 待っていればいいとか

待ってる間に 腐るでしょw

腐らないのがツインレイの愛ですよ。と言われればそれまでですが

腐るというか どうでもいい に変わるって 或る意味

愛の醍醐味を無くした状態なのでは?と思うのです。

ツインレイに近かった 元夫M君(おそらく偽ツインレイ)へのやり切った感はあり

再統合(再度出会いやり取りが始まった)ことはありましたが

今の私の彼への気持ちをみると

どうでもいい。 なんです。 寄ってくれば ああ。いたの という感じですし

こちらからはホントどうでもいい。

このような気持ちを体験するならば 

ツインではない方が良いのではないかと思うのです。

色々な意見があると思いますが

ツインレイの 続に書かれていることを 鵜呑みにすると

恋は芽生えても お互いの愛は育たないのではないかと 思う自分もいます。

やはり 一緒に良い事も悪い事も経験して 近くできちっとコミュニケーションを取り合う

普通の恋愛は 人間力を育てます。

ツインレイの関係を あまりに神格化しすぎていると

人生の時間の無駄になってしまう恐れがあるのではないかと思います

忘れて暮らす。 その人以外の人生を充実させる。一人でも大丈夫。

これって最初から一人でいいじゃんと思うのです。

一周回って

「それが自己愛ですよ♪」といわれれば その領域なのかもしれませんが

あの元夫君との
熱烈な日々& 強烈なセパレーション & 再会 & 手放し。

手放した後の この

無関心。

この無関心が とっても自分の中では ああ。こうなるか。という感じです。

あの感情が蘇らない感じ。

亡くなった婚約者(おそらくトリプルレイという感じで、。。)との

日々も 思い起こしてみると・・・・ つづく。

コメント

タイトルとURLをコピーしました