サイレント期はこういうことか!~ステップ~

自分と向き合うとは徹底的に潜在意識(自分)と仲良くなる方法を練習する事

ツインレイの段階に入っている人は

多かれ少なかれ 不思議な体験やスピリチュアルな能力に目覚めている人が多いと思います。

そして、 以前なら使えていた能力が 何故か大人になって発揮できない。。。とか

昔は上手くできたのに 最近はできないな と感じているかもしれません。

人間は

できない壁にぶつかって初めて自分が何をしたいのかどうすればいいのかを考え始めます。

解決しようという意識が働き始めます。

その  何してもできない壁の かなり高めなウォールが

ツインレイのサイレント期でもあるのかなと思ったのです。

スピリチュアルに目が向いていなかった人でも

なんとなく向いていたけれど 怪しいセミナーや占い師に騙されるんじゃないかとブロックをしている方。

そういう人があらためて 安心安全に潜在意識(自分自身)とお友達になる過程が

このチャンスなのではないかと思うのです。

占い師を利用するのもOK!何故ならば。。。。

まずは 占い師を利用し、客観的に自分の状況や 見えないものからのメッセージを受け取る事も

最初の ブロック崩しステップには必要なのではないかと思います。

人は困った時に相談しますよね?

普通の人に 普通の相談をしても 普通の答えしか返ってこない。

ある程度の 占い師さんやタロット等は  アカシックレコードや潜在意識を拾い上げますので

そういう視点もあるんだ!とか

そういう考え方、 & どうしてそれがわかるんですか!?という体験を経て

精神世界というものがある。 ということと

そういう仕組みがある  ということを学ぶんです。

右脳と左脳が別れちゃっている人間は どうしても 両方の影響を受けます。

まずは

左脳優位で生きていくこの現代社会で 右脳を使うには

逆説的に  左脳を納得させる必要があります。

右脳をフルパワーで活用できている人は さっさと潜在意識と繋がり、好きなだけ好きな事をしています。

それができない。と思い込んでいる人は

自転車があっても 乗らない。乗ったことが無いから。と拒否をしている状態。

占い師は  自転車があるよ。自転車はこうやって乗るんですよ。と

お手本を見せてくれる人。 一見不思議にみえるかもしれませんが 

それを見ているうちに 「あ 自分もできる」とか

「自転車ってそうやって乗るんだ」と納得できるようになる。

これが ファーストステップですので

眉唾だなとか 胡散臭いなと左脳さんが押さえ込んでいる事を

理論的になっとくさせる。ということで 初期には占いを頼ってもいいと思います。

そのうち だんだん自分のやり方がわかってくると 卒業できますし。

その 卒業までの 補助輪として 占い師やカウンセラーを使う事は メンタル面で

とても 楽だと思います。

現実逃避ではないですよ。 あくまでも 自転車を乗りこなす為の勉強段階です。

依存でもありません。 占い師 カウンセラーは アナタの内面を読み取っているだけなので

本当は自分が一番よく知っているんです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました