ココナラでの受付で男性は紹介者さんがいる方だけと書いたことについて

ファッションでも メンズ・レディースがあるようなもの

これ、ず~~~~~~っと鑑定をさせていただいて 感じていたことです。性差別ということではなく

男性でもいい人もいらっしゃるんですが ホント 特徴的に 性差がある!

頭でっかちで 何しに来たの?という人が多いです。 世の男性陣申し訳ないです。が

明らかに女性と男性とでは 鑑定の依頼時の書き方などがまるで違う

自分の意見を曲げようとしない
曲げなくていいんですよ。ただ 他人にアドバイスを受けに来ている時点で
自分の意見を通すなら アドバイスいらないじゃん。という話。

最初の入り方が 挑まれる という感覚が強いので(本人たちはあまり意識していないかもしれませんが)

倍くらい疲れます。 この感覚の表現つたわるかどうか。。。。

何が違うのか? 殻が厚過ぎる

男性が悪い 女性が良いというわけではないですよ。 表現は難しいのですが

明らかに男性脳 女性脳の違いなんだろうな~と感じるのです。

男性の依頼者の場合、書き方が女性とは違って  まず

@購入にあたっての説明を読まない人が多い

私の鑑定スタイルとして 詳細な情報はいらないのですが
人間同士の出会いと同じで

初対面の方に 「挨拶」として自分はこうこうこうで、今こういうことで悩んでいます。ので
〇〇が知りたいです。程度は自己紹介してください。という話。

これが無いと まず 「あ。自分の悩みに真剣ではない人だな」という感覚がバ~~ンと入ってしまいます。

お店に入る時 日本では無言で入る人が多いですが 外国では「ハロー」とか「ボンジュール」とか

一言目がお互いのコミュニケーションの始まりの合図という感じで

私は日本でも「お邪魔します」とか 店員さんと目が合ったら「見せていただけますか?」とか
何かしら声掛けをします。 それが 一つ お互いの距離になるからです。

「私の前世知りたいんです。見てください。」  いきなり切り込む。

いきなり試着室に入る前に 服を脱ぎ始められるのと同じ感覚(ホント表現が難しいです)

相手が武器を持っているかいないかわからないのに 無防備になられる、ならされるのと似ている感覚。

ワタシはいつも感覚を閉じている(他人に興味がない。エンパスなので防御している)ので
「視るの面倒だな」と思ってしまいます。

自分の悩み なんだか見てみてよ。 って いう質問と同じです。

そういう方は 鑑定=何も言わなくても見えちゃってるんでしょ!?と

私が苦手な (こちらが鑑定士だとわかると)

「え~~~私のこともわかっちゃう!?」という人と同じタイプなんだなと。

ふだんは  視ないですよ!!!!!  意識を向けた時に伝わるだけですから!!!

相談もされてないのに他人をみるなんて失礼なこともしませんし。

ドラマであるような  知らないおばあさんが駆け寄ってきて

「あなた!けがするから気を付けて!」と去って行って、その後危ない事を回避しました。のようなことは

余程 の事がない限りしませんし、(するんかいw)


駆け寄ったおばあさんの事を 変な人。と最初思いませんか?
普通に人間として日常生活を送っている場合
そのあたりはちゃんとわきまえます。

@何を知りたいのか質問の要点がわかりづらい

自分はこうこうこうで。。。 というご説明はわかるのですが

「じゃあ、何が知りたいの?」というポイントがわかりづらいです。

そこを含めて鑑定するんじゃないの?と言われるかもしれませんが

余計な手出しはしません。 まず 自分で問題を自分自身であぶりださないと
人間は身に落とせないです。

他人から言われた言葉だけだと 「当たった!当たってない!」だけの余興にされてしまうのです。

これ、大事。

水を漠然と飲んでいる人と 目的をもって飲んでいる人では意識が違うのと同じ。

前者は水をいつのんだかすら忘れてしまう。後者は時間や水の種類も覚えていますよね。

男性は基本「自分でなんとかする」という人生の仕事をしてきているので

そういう時も 自分でなんとかしよう脳が働くのか、

「じゃあ コチラは話聞くだけでいいの?」的に 自己解決脳の方の質問はわかりづらいです。

よく、「女性は話を聞いてもらって共感したい生き物」「男性は解決策を見つけたい生き物」 といいますが

占い。鑑定に関しては 逆です。完全。ほぼ。

これは長年してきて 本当に違います。

本人からの質問=見てもいい許可された領域

これ。 いつも 何を見ればいいんですか?と聞くのが このあたりで
本人が知りたいと思っていない事まで、知るべきではない事までは 見ない、見させられないような
感じですので  その人が見てもいいですよと思う範囲の許可が

先ほどの距離感ということになるのかなと思います。

男性は 自分の感覚すらも信じない人が多い

普段からそうなんでしょうね。 生きる役割が女性と男性違いますし。

女性は自分の肌感覚というか 感性を大事にしている人が多いので敏感に、勘よくわかる方や

自分の中に落とし込める人が多いのですが

男性は 質問をしてくるのに

「いや。。だけど・・・・」という 言葉が 頭につく人が多いです。

表現は難しいですが、、、、

男性の場合  前世退行を自分でする方が向いていると思います。

他人に言われるより 自分で見た方が納得する。
自分でみるのには時間がかかりますけれども。 頑固な方が多いので内側から納得した方が早い。

女性の場合でも 自分で見れば早いなといつも思っておりますが
鑑定を受けていただくと 時短な感じ。 

性差はある。 鑑定を受ける向き不向き

今のところ、スムーズなやり取りがちゃんとできる男性が少ないということで

男性の場合 ご紹介の方でさせていただいております::::

洋服やさんで  メンズ レディースがある というものと同じだととらえていただけると

幸いです。m(__)m




コメント

タイトルとURLをコピーしました