断捨離と現実変化と数字と記録と

見ないようにしてきたこと

長年「あーダイエットしたい~」と言いつつ 行動を起こしませんでした。

自分自身の中の どんぶり勘定・ずぼらっちをのびのび育て過ぎたというか(*´▽`*)
体重計も「数字を見るとストレスになるから」と乗りませんでした。

去年の9月からやっと少しづつ 体重計に朝乗る。という習慣をつけ始め
記録していくと、現実が見えてきました。
最初は数字をノートにちょろちょろ書いていただけだったのですが
今はスマホで管理しています。  どこまで頑固に現実を見ない様にしていたんだかw

お陰様で当時のピークから7キロ痩せました。
今回のダイエットはほぼ無理をしていません。ルーティンになるように
習慣化できるようになったという感じです

習慣化の力と苦手意識の克服

ダイエットが習慣化してくると、今度は 家の掃除が目につくようになりました。
ホント 大変な御美屋敷でしたので モノが多い。
元々 ガジェットが大好きですし、興味のアンテナでしか生きていないので
あれやこれやのこまごましたモノにあふれています。

だらしない・掃除が苦手(いい意味で言えば どこでもなんでも気にしない)状態で
逆に考えると、 掃除が苦手という習慣化で生きてきていましたので

ダイエット(痩せない行動という習慣化の逆)で一歩前に進むことができ
次はなんとなく気になり掃除に着手。
まずは1日1個でモノを捨てて行こう。と。なると。。。

数年ぶりに家の中の様相が変化しました!  模様替えもし、心機一転。

この感覚・・子供の頃 算数が苦手で逃げ回っていたのですが
ある時「とりあえずちょっとでもいいからかじってみよう」と思い
苦手な算数ばかりを勉強していたら 逆に得意になってきた 時の感じに似ています。

苦手だから・・と思って そこへパワーを注ぐと、知らず知らずのうちに
逆転している状態。

苦手なものは 逆にのびしろガール!という。

それもすべて 習慣化と見える化です。そこだったか。と改めて。

断捨離の良い所

断捨離はホント凄いと思います。 自分の心の中のモヤモヤを
物理的に目の前に投影していた状態を 解消してくれる。

執着を捨てると まさに 捨てる状態のサイクルが現実世界でできあがります。

以前は 綺麗にしてもまた元通り。という状態でしたが
今は継続して 「しないと落ち着かない」状態になってきました!習慣化!

道具も大事

それでも え~メンドクサイ。と思う場合。
今回のチャレンジ成立一つの要因は 「道具」です。

ダイエットでは「歩きやすい靴」
掃除でいえば  「掃除しやすい掃除機」

そういうサポートがあっての今ですので 環境を整えると人間行動しやすくなるな~と。

問題集があれば勉強しやすい。というのと同じかなと。

漠然と「勉強しなさい!しなきゃ!」だとどこから手を付けていいのかわからないですもんね。

現実と空想のすり合わせ

私みたいな夢想家は、現実世界と空想でいえば 空想の世界が住みよいので
どうしても現実がおろそかになりがち。

そうなると なんとかなるよ~というゆる~い世界と
いや。ちゃんとしようよ。という現実世界がなかなかリンクしないんです。

そのギャップが大きくなると現実が停滞してくる。

両輪なのでどちらもバランスが必要なのですが
同じ力量で進まないと 大きさの違う車輪で前進するように
曲がっていきます。

私の状態でいえば 「太る」「五味屋敷」ということだったのでしょう。

スピリチュアリストはともすれば空想の世界で楽しめる人達ですし
実際 見える世界と見えない世界でいえば  見えない世界がかなり占めているのですが
生きる上では見える世界が重要。

そのあたりを漠然と ざっくりと頭の中でしか処理していなかったし
あれもこれもで処理しきれないのでさらに とっちらかってしまっていました。

具体的に行動をしてみる。ということがこの地球の上での生き方ですし
具現化の第一歩であると やっと腑に落ちました。

風が吹けば桶屋がもうかる・バタフライエフェクト的

大げさに考えなくても、まず 目の前の1個の現実を動かしていくと
次・次・とチェーンリアクションが起きてきます。

メンタルとフィジカルが統合してくる感じで。

そこへ 数字という宇宙の言葉を織り込んでいくと
さらに加速していくように感じます。

自分の状態を数字で見る。量で測る。

体重を計るという 数字化 が 習慣化を作り出し
見えるようになると どうしたらいいのか対策ができる。
中身が変化すると 外も変化したくなり、断捨離でゴミ捨てが習慣化。

このループができ始めると もっと現実の大きなことも変化しそうです。

というか、、実際に 起き始めています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました