スピリチュアルレッスン:過去世を利用する

毎朝、困ったり悩んだりしているときに 「こうすればいいんだよ」とアイデアが降ってきます・
そうか!と思うのですが メモしていないので忘れる。・・
これから スピリチュアルレッスンとして書き溜めて行こうかなと思います。
エッセンス自体は文字よりも濃いので 読んでピンとくる方は自分の中に元々ある人。
来ない人は 練習か、コロナが収束したらまたお茶会をしようかと思っておりますので
(オンラインサロンも検討中) 是非。

過去世鑑定をしていて思う事。

過去世を見る時に、沢山ある過去世から見ていくので 鑑定では一つの悩みについて
フォーカスしていただくようになります。
ひとそれぞれですし、私は必要以上にその人をあれこれ詮索、センサーが働いてみるタイプでは
無いですので 

ココナラでも ちゃんとここを気を付けて相談してくださいね。と書いているのに
2~3行で 「私の過去世を知りたいので 何でしょうか?」だけしか書いていない、

「視てください」とだけいわれると 結構 イラっとします。(正直に書きます)

「私生きたいんですけれど なにすればいいですか?」  と同等の質問レベルなんです。

「勉強したいんですけど、なにすればいいですか?」と聞かれているようなもので

「本人がしたいことすればいいじゃん。」 しか返ってこないんです。

私は通訳みたいなもので そのままアチラへ質問をなげかけますから
ちゃんとした質問、悩みを教えてもらえないと こちらがアレンジして聞くのは
しません。質問内容がずれるといけないので。

恐らく相談者さんは
「私が心から満足して金銭面肉体面でも労せず 心安らかに素敵なパートナーと
生きていけるにはどうしたらいいでしょうか?」
位の事を はしょった質問が 
「私なにすればいいですか?」なのかな?と推測するしかないのです。

それを見るのが仕事でしょ?と言われると 
私がするのは 問題処理であって、無い問題(本人が切実に知りたいと思っていない)
であろうものを問題のように作り出すものではないです。と答えます。これだけ。

ざっくりと 「自分というものを知りたい」 だったら
自分がアメーバーのような存在だとして、拡張していくとき
手足を伸ばし、ぶつかった所が自分の限界の何なのか?と思うのが人間本来の生き方。
壁がある事を初めて知って、その壁が何だったのかを知る。ということです。
こちらが最初に「ここに壁がありますよ」とお伝えすることではないのです。
その瞬間壁ができてしまう(量子物理学的にも) 場合もあるので。

過去世は悪いものだけではない

過去世は自分の得意とする事を知ることができる。という側面もあります。
それを引き出すのには 自分の悩み、ぶつかっている事から過去世を見て
その時にしていたことから逆に推測する。という感じ。

いくつもある前世の中で、人間の魂には沢山の記憶と経験が蓄積されています。
肉体は変化しますから肉体記憶、体感的に再現できないものは
あまり浮かび上がってこないのですが
(とはいえ、かつて足が悪かった、という場合 何故か足が気になるとか 心の想像の中での
記憶は残っています。 また同じように足が悪くなるという事は繰り返しませんという事)

心が「ああしたかった。こうしたかった」という記憶はバッチリ残っています。
蓄積され、潜在意識の膨大な世界の中で管理されています。

その中からインデックスとして引き出しやすいのは 人間の性質なのか「ネガティブな事」です。
体でも相当気持ちがよかった事か、相当痛めつけられた事は 記憶に鮮明にのこりますよね?
傷跡を見て、その日何があったかを するすると思い出しませんか?

そういう感じで ネガティブな事は過去世を思い出す一つのきっかけになるので
それを潜在意識からあぶり出し、そこにまつわる出来事をみていくのが
過去世鑑定です。 

あぶり出して見えてきた事は 自分が金庫の中に入れていた記憶をもう一度取り出して
見てみる事によって 解放していくのです。

良い事、得意な事は自分では気づきませんよね? 悪い所は目につきやすいし、自覚しやすい。

過去世も同じで 悪い所は引き出しやすいですが同じだけその前世でも
良い所があったんです。 きっかけは 悪い所からのエントリーでも
そこから良い所、得意なところ、長所を引き出していくと
今世で物凄く運がよくなることがあります。 だって、かつて経験したことがあることだから。
伸びが早い。成長が早いんです。

私の父の場合

私の父は 苦労した中から一代である程度仕事を頑張り
私を歯科医にして開業までサポートしてくれました。
私立の歯科大学は 卒業までに家一軒買えます。ホント。
学費やなにやらでバシバシお金がかかります。

普通なら そんなお金を用意できるとは到底思えない状況だったのですが

土地をキーワードに その資金を作ってくれました。ホントミラクルです。

そのミラクルも 「かつての過去世での経験」があったので
アイデアがするっと浮かび、「できる」という感覚で行動した結果だと今ではわかりますが
魂がわかっている事は本当に奇跡という感じで 頭で考えるよりもさっさと進みます。

父はかつて 一代で材木問屋から成功した人生だった

父との前世のかかわりは ソウルメイトで
大人になったからサクッと書きますが
私が遊女だった時の お客さんだったようです(*´▽`*)  現世ではへんな意味はないですよw
私は花魁で、お金持ちのお客さんで、私との間に子供もいた様です。
身請けはできなかったのですが、常に布団や着物などを送ってくれていたようです。
そして亡くなる時に「今度はお前の面倒をずっと見たい」と思ってくれた様子。。

ですので今世では「父親」として生まれ変わり、私の人生で本当に素晴らしく
生活も仕事も 金銭的にも精神的にもサポートしてくれます。

今でも仕事終わりに父と仕事や出来事、人生の希望などの話をするのが
大好きですし、父も楽しそうに話をしてくれます。

その父は当時 一代で材木問屋を大きくした記憶があるので
今世でも 全く土地とは関係のない仕事をしながら
かつての記憶「家・土地」という事が頭から離れず そこがトリガーポイントだったんです。

思い切って ある事をしてみたら あれよあれよと。&バブル到来
そういう時の勘所はおそらく前世で 材木→家→土地  というものを
嫌というほど見てきたから するっと理解できたのだと思います。
魂が知っているという事は こういう事です。

ですので
前世を見る事が じゃあ何なの? ということですが
かつて自分が 得意であったこと、成功した人生の中で得ている経験は
引き継がれているということを知る事
人一人の人生の経験、数十年ぶんを一瞬で思い出せるってすごいですよね。
映画を見るような感じ。

前世を思い出すことで 自分の人生で大きく飛躍できるようになる事もできるという
話でした。 まる。


コメント

タイトルとURLをコピーしました