月読命(ツクヨミノミコト)と瀬織津姫

スピリチュアル
geralt / Pixabay

むむ。ぬぬぬ。

ということで。

9月の終わりから 私は通勤ルートを少し変え

産土神社まで歩いてから(15分くらい歩く)職場へ行くことにしました。

そこではなんと10連続で大吉を引き、その後も大吉を引きまくるという現状になりました。

天照大神を祀り、様々な神社の分祀がある?神社で 結構てんこ盛りです。小さいですがパワフル。

そこで

1か月前に天照大御神さま(かな?)と話しをしていたら

「その事については 月読に相談しなさい」と言われたのです。

月読というくらいだから 星の巡りとか月日の巡りとか
相性や運命を見守る人なのかな?と思いつつ。

色々とご相談をしておりました。

出雲へ行った時、 天照大御神様と須佐之男命さん イザナミノミコト様にはお会いしたのですが

伊邪那岐、伊邪那美のみことの 3人の子供のうち 月読さまだけはお会いしていませんでした

 

 

あ。いつもの神社でお話ししてるや~。と。

3人そろった。

 

月読様は 古事記の中でも 名前が出るだけでほとんどその後 話の中に出てこなくなります。

瀬織津姫に似ている状況。。隠されているというか。。。。

もしベガ星人ならわかる気もする。 隠れるんですよ。そっと。目立たないように。

 

瀬織津姫も琴座の人も月読さんも なんだか絡み合って

今色々と動いてきています。

 

もっと調べてみようっと。

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました