これこれ。ツインに出会った人ならわかるかも。

スピリチュアル
DarkWorkX / Pixabay

ツインレイに会いたい。ツインレイ同士という恋愛をしたい!と

ロマンチックに思う方々も多かったり、鑑定でも

「私たちツインだと思うんですが」と前置きをされることも多々あります

鑑定の中でツインかな!?と思われる方はそう多くありませんが 確実にいます。

既に ツインレイという事を知らなくても、ある一定の共通するような出来事が起きていて、
他の恋愛との違いをわかるのですが、ネット上で情報を得すぎてしまうと
それに寄せて、当てはめてしまい過ぎる人の方が多いような気がします。

ツインレイ(ツインソウルかな)との恋愛は 2素晴らしい8苦しい・苦行 という感じです。

「素晴らしい瞬間」がとてつもなく至高の状態であったり、 これだ!と心が叫び続けたり

心のどこかに確実にその人が存在し続けるという感覚。

実際 胸のあたりに 前世からの傷があった場合 肉体的に痛みも感じる場合もあるでしょう。苦しみ。

自分自身で半信半疑でも 今までの恋愛とは何かが違うと気づくでしょう。

こういうやりとりがありました。まさにこんな感じかな。

Q*ツインレイ女性に出会ったことが ありません。本当に居るのですか?
いるよいるよ これだ‼️って確信 そもそもツインレイなんて言葉知らなかったし
恋愛について調べても、どれも当てはまらない
苦しいぞ、苦しいぞ、タイミング狂うぞ、狂うぞ、シンクロ激起きました 何回も
こんなことってありますか ツインレイなんかいらないからね
でも、レールに乗せられててしまってる 自ら降りれない
こんな心境 憧れるようなものじゃない
トンネルだか、穴だが、ふくろこうじだかもわからない 逃れたい、
けど、無理 だから、普通の恋愛とは間違えようがありません
本当にこんな感じ。それは 頭で感じたり、無理やり自分で突っ込んで行ったり
苦しみをマゾのように受け入れるということでもありません。
やめようとしても なかなか自分の心の奥から

「これでいいの?」というわけのわからない問いがわいて来たり

普通の恋愛であれば すぐに「サヨナラ~」だと思うのですが

違う。 これは何とも不思議な感覚です。ただの執着という感じなのか?と
自分でも弱るくらいです。 単なる執着なのか、それとも心から湧き上がる不思議な力なのか。。。。
体感の仕方は人それぞれだと思うのですが、私の感覚(Mくんで1度、再度と思い起こしてみると)
位置です。湧き上がる所の位置。
もちろん頭で考えますが、 ちょうどハートチャクラのあたりです。
ハートチャクラのあたりからあたたかい感覚、なぜか苦しくて痛かったり 安心したり。
頭を押さえません。胸です。
悩むときは頭をかかえるかもしれませんが、 ハートチャクラの場合、胸のあたりの広がりです。
ですので、ハートから湧き上がる パッションというか情熱というか温度というか。。。。
M君との最初の衝撃の時は、 言葉通りハートチャクラが開きまくり、頭はボーーーーーーっとしました。
頭が働いていない感じで、変性意識に入っている感じです。
変性意識とはその後身に着けた体感と言葉なのですが、当時の事を思い出すと変性意識に入っていました。
違う次元にいる感じ。。。。時間の流れが変わりました。いくらでもぼーっとできる感じ。
あっという間に1時間経っていたり。 あり得ないような感覚でしたので
当時7年付き合っていた彼(今でも 死ぬ前に一度会いたいなと思いますが)との別れも
自然な感じの流れでした。 その後は 本気で大変で
3か月で15kg あれよあれよと痩せたのですがwwそれくらい肉体的にもショックを受けるような
激しい変化がありました。(その時にモテ期がきましたw)
当時、起きている事が辛くて、寝てるか仕事してるか牛乳飲んでるかだけでした。
起きて頭を起こしていると辛すぎて。
仕事は目の前へ集中できるので仕事があって現状に戻る事ができ、助けてもらったと思っています。
牛乳は1日2L。 食欲はないし、でも命は守らないといけないので
とりあえず牛乳だけ飲んでいました。するとみるみる痩せて行きました!!
ツインとの出会いと恋愛。。。
憧れる気持ちも、至高のものとも思いますが、
メンタルを鍛えて行かないと  全てに起きた出来事は激流で
自殺していてもおかしくなかったなと、今でも思っています。
普段、死すら考えたことがない人間なのに。
特に恋愛で死ぬと言ったりやったりは 愚かだと思っているくらいなのに。
しかも、その苦しみ、悲しみ辛さを ツイン相手へ相談できない、分かち合えない
グチも訴えられない。話し合えない。(物理的に引き裂かれているから)
一人で背負って、耐えていました。
ツインレイ との恋愛って このくらいハードでした。
だからこそ やり遂げた。と自分に納得できました。

DarkWorkX / Pixabay

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました