出雲詣 2 起こりは旅行前から

旅行前、
あることで
少しだけ心に掛かる点がありました。
そしてそれにまつわる出来事が起き
思い切って聞いてみた所 スッキリしました。

それを聞かなければ、恐らくモヤモヤした状態だったかもしれません。

最初から覚悟をしていたとはいえ
実は話を切り出す時、ものすごく怖かったのですが
きちっと治まり、

雨降って地固まる。

ご縁というのは切れる時には切れる。切れないときには切れない。
そう思うような不思議なものです。

仕事・恋愛・人間関係など
全ての人と人とのご縁は無理やり努力で何とかなるものではないと
あらためて感じた事です。

ご縁という不思議な言葉が一番しっくりくるこの状態。

私の場合、本当に直線で無駄がない動きのご縁が多く
特に仕事ではそれだけで生きてこられたというのも過言ではありません。

特急電車の各駅停車部分が無い感じ。

いきなりワープしている状態ですから周囲から見ても不思議だと
思われる事ばかりで生きてきました。

運がいい。 おかげさまです。  これは本当に血肉です。

様々な出会いで 楽しい事、嬉しい事ばかりではないですが

悲しい事苦しい事悩むことが経験できたからこそ
その有難さがよくわかるようになるのです。

大人になると、その仕組みが体験的に理解できるようになり

無駄に長期間悩むことは減ってきました

「なるようになる」「今感じ切る」

この繰り返しが 決して自分の人生にとって無駄ではないと
確信していけるようになったからです。
それならば

さっさと行動してみよう。 です。

人と人との交わりの中での感情や考えは
この3次元の世界では 刻一刻と微妙に変化します

タイミングというものがありますが

自分の心が強く「今」とおもったサインを常に受け取り
理由はわからずとも動くべき時に行動を起こしていくと

次の駅は必ず 特急が停まる駅になっていると確信しています。

旅行前の出来事をカバンに詰めて

出雲へと向かいました。

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました