インチョ スピリチュアル

指導霊・ソウルメイト 

更新日:

人生本当に何が起きるかわからないです。

元婚約者 亡くなったH君との出会いと別れは私の人生の中の大きな節でもあります。
出会った瞬間に とめどなく会話があふれ、時間を忘れてのやり取りが始まりました。

ソウルメイトに出会うと、初対面でも兎に角 話がとまりません。
一日中おしゃべりをしていても飽きないですし
疲れるのは受話器を持つ手だったり睡魔などの体力的にで、精神的には疲れしらず。
様々なジャンルの微妙にでも交差する世界をお互いに共有し、堪能する感じ。
元夫のM君ともそうだったなあ。 外国人と日本人なのにw

好きとか恋愛感情とか そういうものを意識する以前から
どんどん今までの人生で出会う前の時間を取り戻すかのように 感覚のすり合わせをしていくようになります。

お互いに 時間も不思議と作れます。

丁度仕事が落ち着いてきたころだったり、生活を変えて時間に余裕ができたころに出会い そして長時間時間を割ける。

大人ですから仕事もしているし、忙しいと思うのですが(研修医時代、勤務医時代、開業医時代とやることは多い)

時間が別の流れを作っているような感覚です。密度が濃いのかな。。?

 

滅多にそういう人に会う事はないですし、このパターン?を経験するときには自分の意識も大きく変化するときでありますので

ああ。これは大変なことになるぞ。 と思うのです。

 

自分の事は自分ではよくわからないのですが

H君が私の指導霊になったような感覚はありました。(指導霊なのかな?とりついてるだったりしてw)

指導霊や守護霊という厳密な区別はよくわからないのですが

自分とそう遠くない感覚の人です。
なぜならばその人達も 彼らの修行のために少し俯瞰してみることができるようになった世界から
こちらと一緒に勉強をしているからです。

絶対的な存在で、何が何でも保護してくれるとか、手取り足取り教えてくれるという感じではありません。

敢えて言わない、指導しないで見守る。という場合も多々あります。

-インチョ, スピリチュアル

Copyright© スピリチュアルな体験談(つづき) , 2019 All Rights Reserved.