遊女時代から影響する人生の意味①

スピリチュアル
jill111 / Pixabay

私 いんちょが子供の頃から様々に心のまま動いてきた したい事、やりたい事の

点と点が線になり始め、輪郭が出てきました。

@元々歯科医師になろう(資格を持って女性でも生きていけるようになる)という
心の衝動と偶然が重なりすんなり道が出来た事

@歯科医院を一人で開業し、おかげ様でスタッフにも恵まれ16年経営していること

@ソウルメイト達との出会い

@自分の魂から湧き出る考え方

 

過去世の 遊女時代 が今頭を出し始めています。

うちのスタッフさんたちは全員女性で、年齢もバラバラです。

私は人を雇用する時に年齢では選びません。本人のやる気で選びますので
50歳を越えてから働いてくださっているスタッフも数人います。

私が仕事をする上で根底に流れている考えは

「女性がもっと仕事を通して生きていける場を作る事」です。

「仕事ができるフレキシブルな環境」や「お互いに尊重しあい補いあいながら和気あいあいと過ごせる場」

「努力や収益の増加に見合った スタッフさんたちへの還元」等 ずっと開業当初から継続してきたことがあります。

当院では皆さんずっと働いてくれていて 今のスタッフで一番新人さんでも4年目。
入れ替わりが多いといわれている(二極分化している)歯科業界では長く居てくださってると思います。
遅刻も無断欠勤もなく きちっと働いてくれて本当に助かります。

収益が良かった時は「マナー研修」として 良いレストランやホテルでランチをします。
皆さん家庭もあるので 仕事終わりに連れまわす事はできませんので ランチです。
仕事は延長はせず 伸びる場合には自分だけが残ります。

基本残業ナシ。時間には撤収!
そこへ「残らないとイケナイ」という罪悪感を持たないよう 常々お話ししています。
ただし、時間内は一生懸命にしましょう!ということで、皆さんがしっかりしてくれて
ありがたいです。

遊女時代に「ここは改善したほうがいい」と思った事や
自分ならこうするのに。と思った事を形にしてきているなと 輪郭が見えてきました。

 

女性がいきいきと自立できるような場を作る事

これが今の私の目標でありお題です。

jill111 / Pixabay

コメント

タイトルとURLをコピーしました