前世鑑定のコツ

前世鑑定をするときや チャネリングをするときに一番難しい事

「固定観念と偏見を外す」

以前に見せていただいた前世でもこのあたりが

本当に根深いものだと思わされます。

 

これは大人になってから後天的に付け加えられてしまったフィルターで

子供はあまり影響を受けないので素直にリーディングできると思います。

子供は素直に見たまま感じたままを表現します。

大人は三次元のコチラでの生活が長くなると 

「こうするべき。こうである 〇〇であった」という

過去の記憶や経験に足を取られ過ぎてしまう事が多い様に思います。

(今入力をしていて、予測変換みたいな感じだなと思いました。)

 

これが良い悪いは置いておいて、

前世を見る時によく引っかかるところ(いんちょ的に気を付けるところ)

@女性の前世を見た時に 男性が出てくる 又は逆。

(当時の性別が違う)

性別が違うと時代によって考えや行動の傾向が違う事があるのです。

魂は同じでも 色々な感情が付随してきますので 

どうしてそういう行動をしたのか、考えに至ったのかを読み解くのに

使います。今世女性として生まれてきていても 男性的な要素が強く出るように

なったり、逆であったりします。

見えて来た性別はそのまま見ていきます。

 

@全ての人が健常者ではない

こちらを読んで不愉快になる方はここで止めておいてください。

まず 「不愉快になる」という後天的な思い込みを外してから読まれるといいかもしれません。何故不愉快になるのか。なにが自分を刺激したのか。

実は前世で本人に強く関連したことがあったかもしれません。

気にしない人は気にしません。

 

 

健常者と呼ばれる 精神的肉体的にメインストリーム(多数)に

いる方が チャネリングをしたり、前世を見ると 

クライアントさんの前世で

不自由だった部分を見落としてしまう事があります。

以前に見せていただいた方々で 聞きたいテーマを見てくと

様々なバックグランドがある前世をお持ちの方が多かったです。

:足が不自由で 屋敷の奥に引きこもっていた少年

:耳が不自由で 悪い人達に使われてしまった人(悪事を口外できないから)

:当時のサーカスの人気者

 

それぞれ 今現在の生き方や性格を形作る元になっているエピソードが含まれて

いるので、どの人生も大切です。

中間世では 皆さん自分の人生を振り返り,反省会をするのですが

「次はこうしよう。今度はああしよう」と

次の人生へ積極的に関わろうとする意欲が強くなるようです。

**

この仕組みを知った方、現在何か障碍をお持ちの方は

「生まれ変わったら」 よりも 今現在に変化できる事があると

気づいていただけたらと思います。

今肉体を持ったチャンスの時です。輪廻転生確信しているいんちょですが

次の人生に生まれ変わるにはどのくらいの期間かかるのか

または ちゃんと(今の)希望通り生まれ変われるのかは定かではありません。

 

中間世の反省会は コチラの常識を超えた意識と見解の世界ですので

魂はトコトンやる気になっちゃってます。(;’∀’)

自分に負荷をかける事を魂の成長としてとらえる傾向があります。

 

以前に書いた いんちょの手の話ですが

(やさしい気持ち)

「自分が他人を許すことができなかった。忘れないようにするために

 自分の肉体に残して生まれ変わろう」

という ある種 「印」のように課す事があるのです。

 

アザやほくろなどの肉体的特徴もその傾向があるようです。

 

ここは多くみてきましたので 不自由を克服する。または終了した。という事は

それほど影響力が強いのかもしれません。

 

@日本人か外国人か

私は日本で日本語で育った日本人なので 日本人の前世の人達の感覚的な考え方と

外国人(日本で育っていない人という意味)の前世の人達の感覚的な考え方は

違う事が多いと感じます。

人間としての感情は同じでも行動と表現が変わってくるという感じです。

目の前のクライアントさんが どこの人で何をしていたかという事は

全くわかりません。

日本語でご質問をしてくるから日本語がわかる人だろうという

事くらいの認識です。

日本人だから日本人だけの前世というわけではありません。

 

 

ex

Aさんの知り合いの前世で 当時弟さんだったBさん。

そのBさんから「人生は美しくない」という言葉が聞こえてきました

風景や言葉から ヨーロッパの方(おそらくフランス)だと感じました。

 

こういう表現の違いから 「外国の方で。。」という読み取りになります。

国がハッキリしないときは ざっくりと地域(服装などの傾向)で読み取ります。

恐らく 現在の様に国としてハッキリ国境があった時代はそれほど長くなく

日本のように海で隔てられているわけではないので

今よりももっと混ざりあっていたのかもしれません。

国名を聞かれても 今は消滅してしまった場所であると

いんちょの知識不足(わからないよ~w)ですので 答えられません。

逆に それにより当時そういうような場所がありそういう歴史があったのだなと

学ばせていただくので 面白いんです。

儀式的な事があると 本当に面白いし、

今では失われたスピリチュアル的なテクニックに繋がる事もあるので 楽しいです。

時に料理のコツを教えてもらったり

ex ドイツの料理人の調理の仕方と使う材料

ある物の作り方を教えてもらったりと  日常にも役立ち便利です。

ハーブの知識を持っている方からは ハーブの使い方を教えてもらったこともあります。

必ず 後からネット検索をかけて「本当かな?」と調べますが

(いんちょが一番懐疑的(;’∀’)

大体ビンゴ。載ってます。

 

宝箱を開けているような感じ。

 

ざっくり 偏見と固定観念・既成概念の例をあげましたが

まだまだ沢山あります。

 

後天的に刷り込まれた 垢やオリ、ノイズをどう除去するのかが

一生勉強だろうと思います。 まる。

 

 

 




 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました