come and get your love

 

ソウルメイトだったJF。

面白い事にソウルメイトは同じイニシャルが多いです。

または名前にF,J がつく。

JFとは 前世、ネイティブアメリカンだった時に

お兄さん的存在だった人。 馬の乗り方を教えてくれたり

凄くサポートしてくれる、肉体的精神的にとても強い人でした。

現世で私は小さい頃 馬の絵ばかりを描いていました。

自分でも記憶がある(3歳くらいかな)のでしっかりと

馬を描こうと思って描いていたようです。

乗馬と弓がしたいと親に言っていました。

 

残念ながら集落は移民に襲われてしまったようですが

JFはそこで戦っていた戦士です。

どうしても、そこのあたりの歴史では感情が入ってしまいます。

 

JFは現世のフランスで柔道選手になり

トーナメントではかなり上のクラス、日本へ試合で来日して来た時に出会いました。

お互いに無邪気な兄妹という感じで、フランスへ遊びにいくと

エスコートしてくれます。

双子の女の子のお父さんになり とても楽しいと言っています。

日本とフランスでお互いに行き来できるといいね♪と。

ご縁は不思議だなと思いました。

「君の瞳は宝石のようだ」 というフランス人特有の( *´艸`)

当たり前にさらっと甘い言葉をかけてくれましたが

いやらしさはなく、懐かしい感覚でした。

もちろん とっても誠実な紳士です。

 

瞳は本当に面白い。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました