前世鑑定をするときに

前世鑑定ってどうするの?と 思われる方が多いのではないかと思い

ちょこっと書いてみます。

なぜお問い合わせメールの内容だけで

前世にまつわる 現世での出来事、問題を浮き彫りにできるのか。

とっても単純で 

基本は「問題解決のための気付きを得る」という作業です。

そこへフォーカスする。と 映像が見えてくる。

「多次元の層」 でも書きましたが

別次元へピョイっと入る感じです。

 

女性性男性性の違いかもしれませんし、インチョは男性成分が多く飛び出していて

会話の傾向でもあるのですが

「話を聞いてもらいたい」女性

「問題解決したい。次へ進みたい」男性  

私は普段の仕事でも決断を瞬時に迫られる場面しかないので

ぐるぐる考えている暇がない。

即断即決。自己責任。後悔はできるだけしない。がモットー。 

答えを早く知って対策を取りたいので その道筋で 出てきます。

 

話を聞いてもらいたいだけの人は 

「自分自身で問題解決しようとしないのが問題だ」ということで、

実際は「とりあえず 迷っているけど問題を解決したくない」という

ガチンガチンな人、 気付くのに時間がかかる人がいます。

決断を他人任せにする人もいます。

人間自分が思う方向へ進んでしまいますので ”気付きたい”のか

”聞いてもらいたいだけなのか” をちゃんと区別しておきましょう。 

 

~~方法~~~~

①その人が何を知りたいのかを フォーカスする

 *本人が何を自分が知りたいのかを教えて貰う必要があります

②まつわる映像が出てくるのを 偏見、先入観なくざっくり見ていく。

③ 結→転→承→起 の順に並んでいるので原因(起)を探る。

  転と承は そのエピソードの説明のようなものなので

  ご本人の魂の性質が現れてきます。現世でも性格として出てきていたり

  行動の傾向として現れるので「今でも同じことします!」と言われる部分です。

 

ざ~~っくりですが、こんな感じで見ています。

 

  

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました