ワイン会後とS先生と

医局でのワイン会は若手の研修医君達がせっせと

ソムリエ化していって、開け方~注ぎ方から どんどん様になって進化してます♪

最近の研修医、特に女子は飲まないらしく

私たちの時代の 仕事終わり酒盛りコミュニケーションは薄くなってきているそうです。

あれがあると年齢や医局の垣根を超えた付き合いがあって楽しいんですけどね。

大学時代も 1年~6年までが仲良くなるのは「飲みに行くぞ!」だったのに

今は「なんで飲まなきゃいけないんですか?」になっているそう。一般的にそうなのかな。

飲める後輩は可愛がられるし、飲みに連れて行ってくれる先輩は愛されるしの好循環で

先輩方から安くて美味しい良いお店や超高級な店まで連れまわしてもらえるのに。

寂しいものです。 無理にとは言いませんが、たしなむ程度、場を楽しむ社交性は人生で必須だと思います。

 

いつもお世話になってる独身貴族のS先生。スピリチュアルな能力も高く お互いにその話で盛り上がります。

先生の出したクイズに当たったから 今度ルイ13世を飲ませてもらうのが楽しみ!(*´Д`)

お稲荷系の複雑な状態なので なかなか本人は結婚したいそうなのですが

(とはいえ2回してる。2回とも”離婚”ではないのが稲荷系の怖い所で。。。。)

いい相手に出会えないとずっと言ってました。 こっちとあっちと難しいんですね。そういうお役目の人は。

もちろん現世の お金目当ての女性が雲霞のごとく寄ってくるのですが、心は寂しいそうで。

「先生優しすぎるんですよ」と言っても 

「そういうのをわかってくれる人がいないんだよ。」と。

ご縁ばかりは難しいし、 

紀州のドンファンにならないようにね!と 妹分は心配なのでございます。

 

 

理解されないであろう事を私たちの中では常識として話をするので注釈を加えないで良い分楽で

色々な これからの話や〇〇の原因など タクシーでの帰りに ずっと話をしていたら 

S先生が先に降りた後、運転手さんが

「難しい話ですが勉強になりました。さすがにインテリさんたちの話はレベルが高いですね」とおっしゃいました。

 

「多分、私たちの話はインテリとは関係なく わかる人には常識でも わからない人にはさっぱりわからない話だと思います」と

言いました。 

大多数の意見ではないと思いますし、経験した人には常識になる話。 あるある的なことです。

そういう話ができる先輩がいると安心です。

S先生の婚活エピソードを聞くのが一番面白いんですけどね( *´艸`) そういうことする人いるんだ~と勉強になります。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました