スピリチュアル
27707 / Pixabay

 

 

27707 / Pixabay

先日 「鬼とは?」と問うてみました。すると即座に
「鬼とは人の心が作り出したもの」 との返答が返ってきました。

ふ~む。妖怪などとは少し違う毛色かなと思っておりましたが
またさらに ぐ~~~っと見ていくと 確かに 妖怪よりも人間臭い考えと行動をします。

もちろん悪さをすることもあるのですが、
妖怪の悪さは「その生き物?のルールに則った行動が人間に害を及ぼすもの」という感じです。
例えば。。

真っすぐしか歩けない人が 他の人を押しのけて歩く。その人にとって真っすぐに歩く事は自分の本能である。

という感じかな。だから 人間から見て不思議な行動をとっていたとしても その妖怪の習性であったりもするので
よく読んでみると時々 昔話にも習性を利用して理解しあったり 退治したりという話は沢山あります。

いまパッと思い付きませんが、そういうものらしいです。

犬が電柱におしっこをするのはテリトリーのマーキングであるという事はほぼ周知されていますが
迷惑を被る人も居るし、社会生活の中で臭いや電柱の劣化等の害も被ることもあります。
(犬は妖怪ではないですが 人間と種が違うということでの例えです)

そして鬼。 鬼は人の心が作り出した 恨みつらみ嫉み憎しみ苦しみ等の 負の感情の具現化または
人間の肉体を使っての憑依もあるでしょう。

なのでとってもルールが人間に近く、もしかしたら話し合いができるのは鬼なのかなと思います。
ただし 人間の動物的本能の部分ですので 鬼自身のルールが人間とそぐわなければ攻撃もしてくるでしょう。

私も首を噛まれたことがあります。緑色の鬼でした。おそらく甲府に居たもの。

そして鬼の話からまた別の話が繋がったのです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました