H君の想い出とお義母さん

なんだろうな~・恋愛感情以上の、、親しい人。

きっとお互いに物凄くインスパイアされ、影響を受けた関係だったと思います。

一緒にいて 兎に角笑っていた記憶しかありません。腹筋崩壊。

そういう人ではないと自分では言っていましたし、H君の他の恋愛を見ても そうだろうな~気が合わないと難しいだろうな~という人でした。

お母さんも素敵な人で、お母さんが大好きでした。

家に泊りに行くと朝早くから着物を着て朝食を作ってくださるような方で

若かりし頃は NHKの何かの番組でアシスタントのような事もしていたというくらい美人さんでした。

でも 面白いw 

悪態つくH君へ そそと 「そうなの。」「あら 大変」と。

ある朝 OJシンプソン裁判のワイドショーがやっていた時に

一緒にTVを見ていたら 「この人 絶対犯人よっ!」と しきりに真剣に言うので 大笑い。

おかーーさーーーん。w

H君が飲んで私が私の車で家まで送った時、横で飲みすぎたH君がえづきはじめたので

「車の中で吐かないで~」と言ったら、家につく直前、こぼさないように自分の皮のロングコートの中に吐きましたw

そのまま簀巻きにして 車から降ろし、ピンポンし、ガレージのシャッターを開けてもらったら

お母さんは着物姿で楚々と 長いホースを持っており 準備万端。

フラフラしているH君に 放水www 冬w  真冬ww

「綺麗になったかしら?」と 全身洗いましたw

ゴーストバスターズみたいでかっこよかったです。

ある日 電話がかかってきて 受話器を通してめちゃめちゃ大きな声が向こうから聞こえてくるので

「もしかして。。。平野レミさん?」と言ったら

「あたり。女学生時代の友達なの」と。

受話器をとおしてもあの調子で 大笑い。 

H君と結婚。。二の足踏んだ時には H君よりもお母さんの嫁になれなかったことが一番寂しかったです。

お葬式のときにもちゃんと 当時のH君の奥さんにとりなしてくれて、。、

コメント

タイトルとURLをコピーしました