イノセント

ルキノヴィスコンティほぼ遺作 監督作品 イノセント。

大好き ジャンカルロ ジャンニーニ & ラウラアントネッリ。

セッソマットの二人が今度は 仮面夫婦役。

愛人 ジェニファーオニール と 正妻 ラウラ の間を フラフラするジャンカルロ。

まあ~~~~ 自分の都合のいいようにしか行動しない男なのですが、これがまた・

イノセントは実は ジャンカルロちゃんだったのね。。というオチ。

ラウラアントネッリも肉体美を病的に隠し、不幸な妻役。
ジェニファーオニールは モテモテな未亡人。女性のずるい所満載。

二人とも 美しくない。。。 なんででしょう。 美しく撮っていないのです。

ヴィスコンティは自出より 退廃的な貴族の世界を美しく撮る人なのですが

物凄く上手い。 イノセントな男性(行動はわがままそのもの) との対比を 女性の持つネガティブな部分からさらに際立たせています。

だから 美しく撮ってはいけないんですね。

ジェニファーはまるで クリムトの「ユディト」の様に官能的でうすら怖い。。

男と女の良くある話を パッケージにしてお届けします。という感じの映画です♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました