参考資料~金の斧銀の斧~

ローリスクハイリターンとはこのことという。
現代社会においては 世界情勢の不安から資源、とりわけ金の価格が暴騰しており
金の斧も銀の斧もいただけるかどうかは定かではない。 
結局 水浸しの元の木の斧しかもらえないという
正直者がバカをみる展開のパターンも後続作られたという。。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました