歯ぐきのスキマとインチョとスピとものづくり補助金④

歯ぐきのスキマの補助金

国は革新的なアイデアなどを応援するために補助金を出してくれます。

当時24年くらいからの出始めだった「ものづくり補助金」です。

横浜駅直前(歩いて2分です)に移転して、ほどなく
高校時代の同級生がMBAを取ったということで
卒業以来会っていなかったのですが、数十年ぶりに一緒に飲んでいた時です。
「こういうの作ったんだよね~」というと「モノづくり補助金っていうのがあるよ?出すだけ出してみる?」とトントントントン拍子で話は進み。。

提出しちゃいました。甘栗むいちゃいました。

「これ、倍率高いからどうなるかわからないよ」といわれつつ
「通ったらラッキーだね」なんて。

数千件の中で300件だったかな。全国で。

申請しても審査に数か月かかるのでほぼ忘れていましたし いつ結果がでるかわかりませんでした。

当時、移転先は高齢の夫婦の先生方が引退を考えての居ぬきだったので
椅子は古いし。。買うと高いし(1台は新車1台)
どうしよ~~。と思っていて 少々お伺いしてみました。
「資金なんとかなりませんか?」って。遠慮がちに てへぺろな感じで。

すると 
「いいよ=。用意するから待ってて」と言われました。

え?と すっかり補助金の事をわすれていたのでワンテンポずれましたが

「もしかして ほ、じょきん 通ったの?」と聞くと 「ニヤリw」です。

その時、院長室においてあった携帯がブルブルして 補助金の話をしてくれた友達が
電話をくれました。
一声目、「補助金通ったんでしょ?」 というと

友人「あれ?知ってたの?おめでとーー!」と。

私「本当に通ったんだ!?」

友人「そうだよ???見てないの?なんで知ってるの??」

私「不思議な方法で教えてもらったから」

というやり取りがありまして、本当に通っておりましたw

補助金とはいえ、書類などは膨大ですし、申請からの道のりがハードモード。
普段とは全くちがう世界の仕事なので今でも泡吹きそうになりますが

「これも経験だ!」となんとかかんとか頑張っております。

ということは、やはり、これを私がしていけ!ということなのだなと再確認したことであります。 まる。

つづく。

コメント

タイトルとURLをコピーしました