愛情は与えるだけ与えても自分から失われない

愛情は与えるだけあたえても自分から愛情やエネルギーは奪われない  です。

モノ、カネ ではありません。 愛情です。

心配は愛情ではありません。 呪いです。

愛情は 心がほっこりします。 むしろ 愛したいというのが生き物の本質なのではないか、エネルギー発生装置なのじゃないかと

思うくらいに 愛することは 素晴らしいです。

愛情を 物 金で解決しようとするとそれは 欲になります。

欲は 何かの原動力になりますが、行き過ぎると美しくありません。

愛情は ただ ニコっとした笑顔だけでも表現できます。

だから人を騙すことができることもありますが、一緒にしばらくいると嘘か本当かがわかります。 

私がひとを見る時、仕事で成功していると言われる人を見る時に 目の奥を観ます。

愛がないひとも結構います。 目の奥が 獲物を狙うような感じなのです(カモとかね)あと、おどおどしている感じとか。

何かを与えると何かを奪われるという強迫観念なのかしら?と感じることがあります。

それを見極めるには なんでも鑑定団の鑑定士の人達が 贋作、本物を見極めるのに様々な作品を見て雰囲気を感じ取ることを

ずっと訓練して来ることくらいに 経験が必要かもしれません。

でも注意ぶかく見ていれば わかります。 ぶっきらぼうな人の目の奥の優しさとか。

愛情が無い人、飢えているひとは いくら与えてもずっと飢えているので

付き合っている時間がもったいないと感じたら そっとサヨナラするのも 自分への愛情。

自分が自分を愛さない人、愛しすぎる行動がオカシイひとは ボリュームがおかしいラジオのような感じです。

適量であれば 心地よく音楽が聴けます。

少なくとも 適量での循環の愛情があれば もっと世の中 住みやすくなるんじゃないかと思っております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました