お返事へのお返事。

ありがとうございました (Unknown)

おはようございます。

大変不躾な私に丁寧な御回答をいただきましてありがとうございました。

朝より何度も読み返し考えさせていただいています。

私共親子は学校関係苦しんでおりますが、とにかく私だけでも少しでもリセットできる様にしてみます。

お忙しい中、見ず知らずの私にお時間とお手間を取らせてしまいまして本当に申し訳ございませんでした。

今後もブログを楽しみに拝読させていただきます。

おはようございます。

こちらこそありがとうございました。

学校関係の事はとても大変だとお察しいたします。

PTA イジメ 等 様々な出来事が 手を変え品を変え問題として起こってきますよね。

その中で 基本に立ち返るという事で、

今現状だけを一喜一憂するのではなく 将来を見てみると今のふるまいも変わるでしょうと

甥、姪に子供の頃に言った事があります。

義務教育とは 集団生活の中でいかに基礎知識を学んでいくか という事だけだから。と。

学校で苦しければ 塾もあるでしょうし、近所の友達もあるでしょう。

結局は人間が居る所で 摩擦が起こる事はついて回りますし、社会に出ればもっとシビアです。

学校はある意味守られています。

そして もし子供がSOSを出していたら 親が 「逃げればいい。そこだけが世界ではない」と教えてあげるのも

一つあるかなと思います。

親も 「まあ。なんとかなるし、愛する子供の為になんとかするわ~~~」と リセットリセットで。

学校の虐めやら自殺やらの問題は世間的にも色々言われますが、

自殺するくらいなら戦ってみれば? 教室で暴れてみなよ。とか

遺書を書くという事を子供がするというのは 大人の真似だから。 とか

解決方法が 自死か殺人(相手に天誅を下す) しかないような世の中は 大人が子供に何も教えていないんじゃないかと

常に思います。

現場の細かいトラブルにいちいち目くじらを立てても 根本的な解決にはなりません。

人間の生きる力、選択する能力、自立する心、等を養わないと

全ての問題が人生の生き死にに直結するように捉えすぎて オーバーリアクションを取りかねないです。

まずは 今、辛いかもしれませんが、 親が示す。 大人が示す。(だから世間の大人がアホな行動をとるのはもどかしいのです)

自分の意志をハッキリと伝えてもいいんだよ。でも方法をよく考えてね。と ルールを説明していくこと。

自分の意見と合わない人もいるし会う人もいる。100人いたら50人は自分の事を嫌いかもしれない 

それが 何か? と思ってみるとかね。と。

親は子供の事を常に心配するのは 当たり前だと思います。

ただ、 心配を 心配という呪いにするのか、 呪縛にするのか、

大丈夫よ。という呪文を自信を持って言ってあげられるのか。 よく考えてみてください。

天罰、因果応報 とは あまり穏やかな言い方ではないですし、

まず 自分の努力を放棄してしまう可能性もあります。

方便、自分の都合のいい方に気が楽になるように使うには良いと思うのですが

まず、 天罰 というものを 自分の想像の範囲内、人間の想像の範囲内での呪いにしないでください。

なんとかなる。し、 なんとかするわ。(^^)と 親として どーんとしてあげること。

転校だって引っ越しだってなんだって子供の自殺よりは簡単な事です。

まずは親もどーんと構える。 子供にも大丈夫!と 未来を想像させてあげる

(卒業したら 自由なんだし 今の人達なんて 忘れちゃうよ~ 関わらなくなるよ。大人ってそんなもんだよ)と。

頑張ってきているひとに頑張ってとは言えませんが

くれぐれも ネガティブを呼び込むような言葉は使わない方が良いと思います。

コメント

  1. Unknown より:

    本当にありがとうございます。
    こんにちは。

    さらに丁寧なご返信をいただきましてありがとうございます。

    なんとかなる。し、なんとかするわ。(^ ^)
    こちらの言葉、有り難く頂戴いたしました。
    心がかるくなります^_^

    担任が中心のイジメにより子供は心療内科で治療継続中ですが、恐ろしい言葉を吐く人達はスルー出来るように努力致します。

    少々余談ですが、担任から暴言や無視などでイジメられ、その状況よりクラスメートからもイジメを受けていて苦しんでいる世の中のお子さんやご両親に寄り添うのが私の使命?
    はたまた出しゃ張りや運命を搔きまわす事はしないという誓いを通すべき?
    しかしながら、まずは自分達が立ち直るのが先ですね(´・_・`)

    兎にも角にも私だけでも今日から

    なんとかなる。し、なんとかするわ(^ ^)

    的な感じで生きていく努力をします。

    大変お忙しいにもかかわらず、自分で嫌になる程図々しい私にお時間を割いていただきまして本当に申し訳ございませんでした。
    また本当にありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました