様々な不思議系の本がありますが、向き不向きがありますね。

不思議系の本。

引き寄せや シークレット系の本。 マスターとの会話のような本。

大好物です。 そこから新しい知識を得る<確認作業   なスタンスで。

本によっては180°違う事を書いているものもあります。

共通することはおよそ似たり寄ったりなのですが

利用する人間の本質の部分で  向き不向きがあるように思います。

感謝しましょう! 感謝していればいい事あります!

その通りなんです。 感謝しない人より感謝する人の方が好感を持てます。

だけれど、 アファメーションや引き寄せ等で 注意事項(心のブロック) があります。

潜在意識が

「チッ  感謝感謝って言ったって、何も起こらないじゃないか!」と

感謝を表面だけで処理している人は うごめく気のような物が 正反対(潜在意識の方が勝る)に動いて

プラスマイナス0 になるか、さらに悪い方へ行くかになってしまいます。

「だよね~~~ そうそう!いつも感謝してるし 本当に有り難いよ~♪」と無邪気に言える人は

感謝で 加速しながら良い事が起こるでしょう。

青の人に 赤ってものがあって。赤になるとこうなるよ。 と言うのと

赤の人に 赤はこうなるよ  というのでは スピード、理解度、変化等が違います。

向き不向きがあるので、 自分のタイプを知るという事が重要になってくると思います。

スピのカウンセリングをする時は 意識的に 青の人に赤を勧めるよりまずは 赤というものがある という事を伝えるか

青だから青なりに伸ばす部分を伸ばした方がいいですよ

という感じで お伝えすることがあります。

無理をして頭でわかろうとするのと 心で理解できるのは違います。

頭でわかろうとすると ストレスになったり 染み込まなかったり 上の空になったり 反対の事を考えたりします。

スピの事は 

ある時には理解、興味が無くても 瞬間に どぱーんと 来る時があります。

今まで青の世界しか知らなかったのが、真横にあった 赤の世界が見えて来たり 興味を向けた瞬間に理解が始まったり。

本の内容を鵜呑みにするのではなく、 向き不向きがあるのだという事を 頭に入れておくと良いかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました