うん。やっぱり 西に行ってから開いた。

Fさんに案内していただいた 京都に始まり、

長崎、福江島。

去年末から色々と また開いてきている感じがバンバンします。

停滞しているとき(感じなくていい時)と 1つの質問を投げかけると1000位返ってくる時と

これも 私自身の性質に寄るところもあると思うので(やる気にムラがある)

スランプの時期が必ずあります。そこから ビヨ~~~ンとまた新たな方向性が見つかったりします。

どうしてそれを自覚するかというと

同じ本を読んでも理解度、解釈の仕方が 以前に増してすっと染み込むようになるからです。

ただし、翻訳本等では逆に わかっていない人が説明してるんだろうな~という解釈のいたずらな複雑化があるので

そういうのは 半分くらい。それでも 以前では 漠然とした抽象的な形容詞、動詞、名詞が意味を持って

頭の中で 大きなウェブを作り始めますので 点と点が線になるスピードが速くなります。

そのスピードが 加速した!という実感が 自覚になります。

恐らく、誰かに何かを伝える時にも言葉や言い方、比喩を 相手によって選びやすくなりました。

たとえ話の手持ちカードが増えるという感じです。

知れば知るほど 世界はシンプルですが

そのシンプルを細かく裁断してみると とても複雑で神秘的です。

この複雑で神秘的な成り立ちの事を  神 と呼ぶのかなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました