海の青とPVとターコイズブルー 人生の道標・フラグ。

旅行へ行って、チャンネルが ボッコン!と叩かれてから

また別の所と繋がったようです。

とはいえ、以前から見知ったところが再生されたので  TVの再放送をみているようなものなのですけれど。

このブログにもチョコチョコと前世の記憶を書いています。

その中で カナダのFNの支援者である白人男性と喧嘩した事にまつわる前世にもあったように

FN(ファーストネイション。いわゆる先住民俗。) 時の

思い、記憶、心構え、出来事に対する解釈等が 再び 自分の中で浮上してきました。

@何で今??

*時が来た時に来るべきものが来る

と言った感じ。 そこで、、、、ある人のPVを観て FNの人が着ている服の色を目にしたとき

ああ。私の欲しがっているのはこの色だ!! と 胸に衝撃を受けました。

胸が熱くなる。と表現ではありますが、本当に温度が変化したのです。

医院のロゴも医院カラーも、、どうしようかな~と 開業して15年経った今でも

ハッキリとコレ!と決められず ズルズルと来ておりました。 

自分に合う色、魅かれる色というのが 「ナイ」と感じて(錯覚)していました。

しかし! 海の色、、、トルコのモスクの色、。、 普段使いの皮ジャケットの色。。。。パーティーのドレスの色。。。。

そういえば。。。自分に合う色は 世の中の女子的な 淡いピンクやアイボリーのようなものではなかった。。。と。

一見ド派手に見える色の方が 自分にシックリなじみ、着こなせてきた事。。。

その色からさらに再び FNの時の記憶も戻り、、、先日書いた YESしか言えない民族の滅亡のような話も

ネット検索から 同じ話が ヒット!しました。

やはり。。。 感覚的に 勝者、強者の記録が歴史の記録であり

敗者、弱者、滅亡した側の記録は風化、劣化してしまうのが世の常ですが

滅亡した側が全てにおいて 悪でもないし、志を貫いたからこそ滅びの道を行った種族も居たので。。。。

そのあたりも まざまざと映像を観て また思い出しました。

根底に流れる思い。

だから。。。。その記憶を呼び覚ますような物を 散らばらせておいたのですね。と聞くと

人間は生まれる時に自分の 道に道しるべ フラグを立てておく。

そのフラグにたどり着くか、気づくかは本人の経験しだいだけれど

ちゃんと 前もって印を 自分で つけている。神が着けたのではない。

自前で用意したものだw

神は 素晴らしいタイミングで全ての人間に同じような機会を与えるだけだ。

この人に陽を当てよう、この人に日陰にいてもらおう とは全く考えない。

ただ、昼と夜がめぐるように 陽、日陰のタイミングを用意するだけだ。

そこに気づくか、自分で選択するかを決めるのも 自分。

同じ場所で同じ体験をしても人それぞれの感じ方が違う様に

体験は100%共有できない。

だからこそ 自分なりの決断、自分なりの道を進めるように

自分が 「見放されていない」と確認できるような 道標があるのだ。。。。

だそうです。 今回旅行へ行ったのも そのPVを見たのも フラグに気づいたからでしょう。

そして それがフラグだった!と気づけたのも 自分がしてきたこと、経験の中、好きなもの等を選び取る動機等が

自分なりに選んだ事(人に言われてした経験ではなかった)

だったからかもしれません。

自分の好きな事をする。 というのが一番 フラグを見つけやすくする方法なのかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました