オーラがある無し

市民権を得た オーラ。

カラー分析やら何やら。

私の中ではオーラは 情報の外部ストレージ又はクラウド化されたもの

のような感じです。

メール鑑定をしている時にも チャンネルを合わせるという表現をしますが

肉体が目の前にあるわけではなく、 イメージを読み取るという作業では

おそらく オーラと呼ばれるような 魂の何かを読んでいるのではないかと思っております。

オカルト専門で勉強をしたことがなく、自分の経験からの話なのでよく分かりません。

役者さんでも平凡な顔(スミマセン)でも 魅力があり、味がある人は

技術的に演劇を上達させているというより 魂の経験値を高くしているか 高かった部分を引き出して居る感じで

オーラの濃度が濃い(情報が濃い)のではないかと思います。

喜怒哀楽 人生の機微 様々な経験 それらがその人の魅力になり

背負うオーラの濃度(密度)に反映されるのではないかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました