社交について

鑑定依頼でよくある相談

「自分は人と付き合うのが苦手です」というのは何回も書きました。

そして、 人と付き合うというのは?と考えた時に  社交 という言葉が使えるかなと思いました。

社交というと 社交ダンスのように 少々ハイソな気取った感じに思えるかもしれませんが、

全て、人間が出会って接触するときには 社交になると思います。

道ですれ違っても、 ぶつかりそうになったらそっと避けるとか、道を譲るというのも社交ですし(マナーともいえるかも)

何かをしてもらったときに「ありがとう」というのも 社交です。

誰かと誰かの社会が交差した部分です。

よく感じるのが、日本ではこの社交の部分がとてもおろそかになってはいないか?という事です。

ドン!とぶつかっても 「すみません」も言わない人

お店で スタッフさんへ ぶっきらぼうにする人

コンビニで 喧嘩を売っているように対応するお客さん

役所などで 詰め寄って怒鳴っている人

皆さん、恐らく自分が何かをしてもらう側になれば 平身低頭になるのでしょうけれど、

自分の権利、自分は悪くないと思うととたんに 刀で切りつけるような態度や 睨む(本人は普通の顔をしているだけだと思いますが)とか

社会に対する優しさのようなものが どんどん失われているような気がして仕方がないのです。

それが 社交のスキルが低いのではないかと。

第三者の視点をもって 自分が相手であったらどう思うか、という所からマナーや社交が始まると思います。

日本人は生まれつきシャイであると思います。

しかし、シャイだからといって 自分の社会だけで居ると 誰かの社会と交差したときに

すり合わせの練習が出来ていない分、 

「あ~~~疲れた。だから知らない他人といるのは嫌なんだよ」と別の言い訳が出てくると思います。

もちろん初対面はお互いに触手が恐る恐る伸ばされている状態ですから緊張はありますが

それも 場慣れです。

下町が良い。と言われるのはその地域で社交術をわきまえている人達の人口が多いからかなと。

社交のスキルを上げれば もっともっと住みよい社会になるのではないかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました