分身の術を使うスタッフさんと本と目次

昨日、スタッフさんから

「今まで何も考えずに生きて来て、これでいいのかと悩んでます。。 そうすると もっと考えろ!のような言葉が目について」

という 話をされました。

そのスタッフさんは 意識が飛びまくる(分身しちゃうと表現します)ので

気が散りやすいタイプです。 本人も気づかずに気が飛ぶのです。

そうなると 本体のエネルギーが少なくなってしまうので 気力が低下してしまいがち。

もう一人のスタッフさんはレーザービームの人なので

自分の興味の対象以外には気を撒かないように本人も気を付けています。

ムダは無いのですが、 遊びの部分が無いと人生で選択肢が少なくなりがちです。自分の意志が強い。

両方に一長一短があるので 本質ですから 向き不向きがあります。

レーザーが楽な人が 分身になると 混乱しますし、

分身の人が レーザーになると 自分はなんて薄情なのだろうと悩みます。

分身のスタッフさんには

「本を読むにも 沢山の本に手を出してしまいがちだけれど、一冊じっくり何回も読んでみるのをオススメします」と言いました。

本人も

「そうなんです! あれもこれも読まなくちゃと思って手をだして 結局山になるだけでした」とのこと。

じっくり読んだ本を目次として使い、興味が沸いた項目をさらに別に調べてみるという方法で

無理のない程度、少し工夫をしてみるといいかもしれません。

そうすると 変な焦りも解消してきます。

あれもこれも となると 大抵混乱します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました