物事には賛否両論がある

何かをしても 何かをしなくても

多様な人間がいる限り賛否両論あるでしょう。

無理やり自分の意見に合わせようとする必要もないし

相手の気を惹く為に 自分を相手に合わせすぎる必要もない。

自分が自分らしくいればいいんだよ~ と異口同音で皆さん言いますが

それが難しいから ちゃんと言葉に直しているんだろうと思ってみる。

自分らしくいたら

「自分勝手に生きやがって!」と言われることもあるでしょう。

相手に合わせすぎたら 

「都合のいい人間」のまま生きて行かなくてはならないかもしれない。

どんな事でも何のことでも 自分の人生へ皆の意見をまとめていたら自分の意志はなくなってしまう。

小さい事を気にしすぎてもしょうがない。

他人は自分の人生の代わりに責任を取って生きてくれるわけではないのだから。

それならば 自分が思った事(他人に故意に迷惑をかける事以外)大切にしようと思います。 

他人と関わると、多かれ少なかれ利害関係も生まれるでしょう。

そんな時の為に

「恩を売っても買わない」 とか

「関係性を間違えて構築しない」とか

「誰かにお金を出したらスッパリ忘れる」とか

他人とかかわる時に 瞬間瞬間 注意深く生きていくことも 自由で居る為に 本当に必要だな~と思います。

それがたとえどんなに近しい間柄であっても。

嫌なものは嫌。良いと言ったら自分も責任を持つ。

その行動に 賛否両論があったとしても 自分の心に素直になっていれば そう悩む事もないでしょう。

自分の意見もなく深く考えず ただただ雰囲気で NO。 YES を発する怖さ。それを肝に銘じれば

全ての出来事に知識と経験を持てると思います。

意見が分かれても

お互いに慮り、理解しあえる関係が とても心地よいと思うのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました