性欲 について考えた(下ネタになるかな?真面目なんだけれど)

最近不倫相談が多いので(クリスマス前だからかな?) 

飲みながら不倫についてあーでもないこーでもないと皆で語らいました。

私は不倫否定派でも肯定派でもありません。

自己責任の 恋愛は自由派 です。

元々、合理的に簡潔に考えるのが癖なので 一言、

「不倫は性欲の関係」 と言いました。

相手を尊敬しているとか 好きだとか言いますが

学校の先生が好きで尊敬していても 身体の関係が無ければ健全な師弟愛。

仲のいい異性の友達とあいさつ代わりに 運動 はしないし、できない。

そこへ 性欲や肉体関係が入り恋心、恋愛になり、どちらかか、両方が結婚していれば 不倫。

奥様や旦那様にはもう薄れてしまいがちな性欲を 他の異性に刺激的に感じて 成立してしまった関係が不倫。

結婚生活だけで収まればいいんですが、外へ出ちゃった部分。

恋愛は性欲の一端だと思っております。 相手に性的興味がわかなければ成立しないから。

その性欲が沸く相手かどうかが トキメキだとか恋心とかで楽しい。でも

恋心を 性欲と言い換えてしまうと ギトギトするので やんわりと美しく 恋愛と変換しているだけなのでは?

心の浮気はどうだ?というけれど 性欲がなければとっても良いお友達だけでしょ?

横に裸で寝ていても 何もおこらず、穏やかに寝られる関係は 友達。

どちらかが一方的に性欲を向けて保持しているなら片思い。 下心=性欲

性欲と合意があって 恋愛 結婚 不倫 浮気 が成り立つ。

表現もどうかわかりませんし、 否定でも肯定でもないですが

ゲイの方たちが 一定の人から 理解を得られにくいのは 性欲または肉欲を同性に向けている というのを

ガンガンにストレートに見せ付けられているように感じているからじゃないかと思うときがあるのです。

ある人は 「子連れの夫婦は見ていると恥ずかしい」 という話をしていました。

「あ。この二人、運動したんだ。」と見せつけて歩いているようだから という事でした。

もちろんその方も結婚してお子さんもいます。が なるほどそういえばそうだ。と思いました。

わたしが飲んでいる場所は 日本でも有数のゲイタウンなので

隣でいちゃいちゃされても別段普通の光景ですし、お互いに 男女の駆け引きという前提が無い分

楽しいおしゃべりができます。向こうもこちらも ロックオンなし。

おじいさんが女子高生にラブレターをわたしてストーカーして気持ち悪く思われるのは

おじいさんが女子高生に性欲を向けているという 現実がオブラートからはみ出ちゃったからかと。

(私は 超年上好きなので お互いにOKであれば別に構わないと思います。未成年はひっかかりますが)

性欲、性欲 いいましたが、

結局は性欲がなければ ほとんど世界の恋愛の悲喜劇がナッシン になってしまうので

性欲ってすごいなとおもいます。

世界の経済の発展はほとんど 性欲から始まる! が 持論です。

(モテたい。プレゼントを買って気を惹きたい 着飾って良く見せたい )

逆に 性欲が薄くなった(というより自己愛が強くなった?)

といわれる今の日本の景気が悪くなるのは当たり前じゃないかと思っております。

惹かれあう男女の関係は 性欲 肉欲。突き詰めるとこれだけじゃないの?と思っております。

情や尊敬等は そこを包んでいる 包装紙のようなもの。

なんだかんだ言っても 肉欲のない男女は 良いお友達で 誰からも何も言われません。

コメント

  1. 同感です!

    その通りだと思います。
    同感です!

タイトルとURLをコピーしました