歯磨き粉と環境と重曹と光合成細菌について

インチョは実験バカですが

環境に関してはとても真摯に考えております。

世の中 消毒、滅菌 殺菌の言葉が躍っておりますが

ちゃんと医療機関や飲食、清潔度が必要な場所以外で(主に家庭)

かなりなレベルの消毒剤を散布した場合どうなるでしょう。

最近の訳の分からない病気(特に皮膚疾患)や回復の悪さは これらが原因の一つではないかと

インチョは思っております。

人間の体表には無数の種類の菌が生息していて、それが外部からの菌の侵入を防いだり

無毒化してくれることもあります。

動物が傷口を自分でペロペロ舐めるのは 美味しいからじゃないんですね。本能的に知っているのです。

ある種、自分の唾液の菌による抗生物質塗布のようなものです。

そこへ 薬用せっけん等で 有用な菌までいっしょに バイバ~イしたら。。。どうなるでしょう。

常にエタノール消毒してたら 手荒れなんてひどいですよ。現場はそれで悩まされます。

汚い方がいいのではなく、バランスの問題です。

トイレも用を足したらブラシで毎回こすれば汚れはつきにくいです。

排水口も水で流せばいい。 それなのに 消毒剤、殺菌剤を使用すると

川へ流れ、海へ出ます。大抵有用な微生物は デリケートで弱いのですぐいなくなります。

すると 有用ではない悪さをする菌が台頭し、そして普段悪さもしない菌まで大繁殖して悪さをする(大腸菌みたいにね)ようになる

さて、歯磨き粉も 歯周病予防として殺菌剤がどんどん開発されていますが

一日数回、毎日すべての人達が水道へ吐き出している殺菌剤。

環境へはどのような影響が出るのかは ほとんど語られません。

どんどん歯周病菌を殺しましょう!という薬剤ばかり出てきます。

中には 砕けるビーズ入り(歯医者はおすすめしません。歯周ポケットに入り込んで悪さします。砕けません)

そのビーズがどのくらい環境へ蓄積していくのかなど。

少しだからいいでしょ? ではないのです。数が多ければ必ず何事かが起きます。

一人がトイレを使っても問題は起きないかもしれませんが

100000人が一つのトイレを使ったら ねえ。  インチョの想像はそこまでにしておきます。

歯医者が言うのもなんですが、予防は薬を完全に使いこなせばいいのではなく

汚れを確実に落とし、昔ながらのきちっとした食事をしていれば ほぼできます。

動物に歯医者さんはいないでしょ? 歯が痛いです。って歯医者さんへいくのは

絵本の中だけ。

皆自分の食べるべき食べ物を食べて、それなりに保っている。

極論かもしれませんが、歯ブラシを懇切丁寧にちゃんと使いこなし、フロス歯間ブラシタフト等を駆使して

いれば、 予防はかなり健康的にできると思います。

殺菌水等も出ています。口に入った瞬間、殺菌効果を発揮した瞬間に無害な水に帰ればいいですが。。。

「歯周病菌さえいなくなればいいだろ?人間の身体がどうなったって」という

本末転倒な出来事にさえ思えてくるのです。

人間も環境の一員だと思って、

できるだけ 害にならないようにふるまう事が必要なのかなと思います。

医療現場は別ですが、家庭では 水やお湯や重曹で物理的にスポンジやブラシでこすって洗う。を心がけています。

毎回 すぐに洗えばそんなに苦はないです。

殺菌滅菌教になると 自分の首を絞めるようになります。。。。

日和見感染、MRSA その他、耐性菌の問題もその弊害の一つだとちゃんと知る事です。。。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました