カラオケで歌う

この時代の音楽が好きなのは基本的にずっと変わらないのだと感じる今日この頃。

小学生の時(小3か4くらい)、英語の塾でのクリスマス会のカラオケで

ステッペンウルフの 「 Born to be wild ワイルドで行こう」を歌ったら

アメリカ人の先生に 「日本人の子供が歌ってる!」と言われ、一緒にハッスル♪

この曲の歌詞から ヘヴィーメタルという言葉ができたんだよと教えてもらいました。

大学時代 バンドを組んで

ドラムは レゲェ、黒人音楽 

私は60~70年代ロック・プログレ、サイケ

ベースはR&B 

ギターは歌謡曲

もう一人のギターはクラシック

てんでバラバラな好みに

「音楽性の違いで解散!」と何回も ライブで 私がうやうやしく マイクを床に置く

というのが お約束でした。

結局卒業まで5年ほど仲良く演奏していました。

方向性が同じだったら GReeeeN みたいになってたかな? なってないか。

みんな 飲みまくっていたものね♪ それが唯一の共通点!

コメント

タイトルとURLをコピーしました