クレアコグニザンス ざんす。

ドリーンヴァーチューさんの 分類

(この人は沢山の分類を解説してくださって 面白いです)

その中に クレア (クリアー)というものがあります。

クレアボヤンスであれば 透視。

そして それぞれに得意があるようです。

以前にも書きましたが  私の一番得意とするところというか。。。

子供の頃から 血肉となって自分の一部になっているのが

「クレアコグニザンス」 です。 これこれこれです 奥様。 コレ一択。

情報がダウンロードされて、何故か強い確信の下、

行動を起こすと 本当にそうであったりする 霊知 というものだそうです。

子供の頃から 「あれ~?この人言ってる事違わなくない?」とか

〇〇じゃないのかな??とか 何かを質問、相談されたときに 何も知らない、又は

記憶の奥にあるものが即引き出されるような。。。

ダウンロードされてくるような感じです。

前世を見る時、チャネリングする時、 ココナラでの鑑定のコメントでも

「なぜ メールだけでわかるのか不思議」と書いてくださいます。

私も不思議でしたが、これがそういう能力だということを 全くもって知らなかったのです。

当たり前に 記憶力かなにかが良いだけだろうと思っていたのです。

クレアコグニザンスを補助するように 霊視クレアボヤンスもあり、

音を聞くクレアオーディエンスは 相当に音で表現したいとき以外はあまりないのですが

バン! という音を バン!という文字で聞くようなかんじでした。

テオテワカン が  タオティワカン に聞こえた時は

もう、ネイティブの発音か日本人の発音かっと思うしかないのかなあ。

牛が モーモー鳴くを  ムームー鳴く、 コケコッコーを クックドゥウルルー と

発音の問題なのか耳の問題なのか。 より誤解が少ない方を選ぶのでしょうね。

以前の前世鑑定で プルンバゴ という花の名前を聞いたとき 

「ブ」が付く名前。。。と 少々 耳の遠い感じで 手を耳の横にあて、

「あんだって??」

と聞き間違えてしまうようなものでございます。

最近では ファド (スペインの演歌のようなもの) が聞こえて来て

「ああ。この人はファドを歌っていたのかな?」という事はありました。

別のケースではガムランが聞こえて来たり、、、

クレアコグニザンスやボヤンスよりは頻度が低いですが

時々あります。

なぜ そうなのか? と言われたら。。。。。

昔からやってたからねえ。としか。  物心ついたときからでしたから。。。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました