何故 前世鑑定ができるようになったのか

基本過ぎて あまり触れてこなかったかもしれません。

何故前世鑑定が出来るようになったのか。

自分が前世を見ていたという事を自覚する前は ぼーっとしていると

その時に問題だと感じている事に似ているストーリーが頭に浮かんで来たり

この人、こう言っているけれど本当はこうなのに。。という経験や

●●だよ~という事をしてみるとその通りになるという経験が多々ありましたが

ただの 的確な妄想だと思っていましたので

特にそちらの事を意識することもなく、普通に育ってきました。

前世を自覚するような出来事が起こり始めてから

前世という文字がシンクロするようになり、

退行催眠を受けてみよう!としたのがきっかけだったと思います。

今はされていないようですが、近所の退行催眠をしてくれる方の所へ行き、

退行催眠とはこういう事ですとの説明を受け、催眠へ入るとすぐにビジョンが視えました。

かなりはっきり、しかも自分が知りたかった事への示唆のようなストーリーだったので

物凄く納得したことを覚えています。

素直に心を開くというのもビジョンを見るうえで欠かせません。

おそらく 「自分で自覚して見る事が出来た」という体験がその後の

他の人を見るという事へ繋がる事が出来たのだと思います。

コツがつかめたのでしょう。

自転車と同じだと思います。 乗れない、怖い!と言っているとずっと乗れない。

一度 前へ進むコツを覚えるとスイスイと行ける。

そして 相談を受ける事を繰り返し 意識を集中しながら落として。。。

アチラへ適切な質問をして誘導していく。。と自分で自分にかけながら視ていきました。

様々なパターンをご依頼で見せていただけたのは幸いでした。

なので、「どうすれば見る事が出来るようになりますか?」と聞かれた時は

前世であれば退行催眠を受けてみて、ビジョンからストーリーを視る事を練習すると

出来るようになると思いますよ。と言います。

チャネリングであれば 意識を落とした状態で 質問を投げかける感じ。

そして 最初の答えを読み解いていく手順です。

瞑想に近いのかも。 意識があるけれど、意識がぼーっとしている状態。

変性意識というらしいです。これも後から知り、「ああ。こういう状態!」となりました。

まずは 自分もできた!という体験かなあ。

退行催眠受けてみると楽しいですよ♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました