チャネリングは また少し違う感じ方。

前世鑑定の

どのように見えるかという話を書きましたが、

チャネリングはまた少し毛色が違います。

私は今から思えば 子供の頃からチャネリングを多用していたようなので

人から相談を受ける事が多く、そしてアチラからの答えを

自分の脳で文字に変換し、口に出して答えるという感覚で常に応対していました。

なので

「へ~自分って偉そうな事言うな!」とか

「確かにつじつまは合うけれど、理想すぎではないの?」等

自分でも 背伸びをして相手に応えているような感じがありすぎて

何故このような思考になるのだろう。という事が自分の一部になっています。

決して嘘をつくわけでもなく、相手を喜ばそうと思って言うわけでもありません。

ただ、ダウンロードされる情報を 言葉に直して発する。そして 後ろから別の自分が

「へーそういう考え方もあるんだ|~~」と勉強になります!と思うのです。

不思議な事に、チャネリングで出てくる答えは 自分にも当てはまる事であったり

丁度同じような事を疑問に思って居た事だったりするので

相手を通して自分もとても勉強させてもらえるのです。

うちの助手さんが 「先生がカウンセリングをしている時、自分自身を言われているようで

ドキッとします。皆に共通することなのでしょうね」と しょっちゅう言っていました。

それが実はチャネリングというものだったというのを知ったのが大人になってから。

その発言で得た 知恵、考え方、行動を自分でも修正、見習って

生きて行こう!と思って頑張っています。

このブログも書いている時は ほんの5~10分くらいです。

過去の記事には チャネリングで書きました。のような内容が多いな~と

あまり見直さないのですが、こんな記事が読まれています。で上がってくると

見返してみて あ~。チャネリング状態だった。等と

思ってみています。

ダウンロードされる情報が多いと誤字脱字が多く漢字変換もおかしく、

主語述語がおかしくなっていたりします。

付いていけてない自分のスペックの低さも まるわかりですw

コメント

タイトルとURLをコピーしました