クラフトビールが流行り始めました。

子供の頃は(失言)

キリンのラガーかサッポロくらいしかビールが無く、

そのうちに美味しんぼかなにかで紹介された エビスが台頭してきて、、、

ドライ、発泡酒。。。。 今は選べて良い時代です。

エール系のビールはほどんど日本にはなく、毛色の違ったパブで

置いてあるくらいでした。

そのころからバスペールエール、ギネスを飲んでいました。

エール、ラガー という違いも知らない頃から エール系が好みだと感じていました。

酒場に出入りするようになり、さらに できる大人たちに教えてもらいつつ

お酒を楽しむようになりました!

今は一大観光地化している野毛では ぶれずに 店、店長独自の選択でお酒の棲み分けができています。

ベルギービールのルタンペルュデュはずいぶん昔からあり、ギロチンやクランベリーのビールを飲みました。

驛の食卓では地ビールを作っていて、飲み比べもできて 幸せ♪

野毛の飲み友達、かじさんのお店 ヌビチノが満を持して数年前開店し クラフトビール屋さんとして

日本でのクラフトビール発展に頑張っています。

ビールとは違いますが、ホッピー仙人さんの作るホッピーは ビールよりも健康的でなおかつ

美味しい!!!

凄いのは、私がお世話になっているホッピー仙人さんでもヌビチノさんでも

お酒の管理を厳しく徹底している事です。 樽生ホッピーっ!

私は大抵 サーバー黒。ギネスを少々ライトにした感じで コレガホッピー?というくらい

美味しゅうございます。

全国からホッピー仙人さんのホッピーを求めて 店内には大勢の人がごった返しています。

品質管理の良い状態で飲ませてもらえますので、他とは味が違う!!!

こりゃあ チェーンの居酒屋さんは敵わないだろうなと思います。

クラフトビール、地ビール、 酒税法改正で 全国ご当地ビールが広まった感がありますが

横浜という開港の町。 根深い文化が展開していて地元っ子としては嬉しい限りです♪

一過性の流行ではなく 定番として広がりをみせてもらえると嬉しいです!

コメント

  1. さくら より:

    Unknown
    クラフトビールの流行って数年前からじゃないですっけ?
    地ビールフェスタとかオクトーバーフェストとかなイベントが始まった頃な気がします。
    ここ最近、日本酒女子的な方々が立呑屋とかひなびた(失礼)
    酒屋なんかに進出してるのがちょっともにょります(笑)

タイトルとURLをコピーしました