ソウルメイト

今までの人生の中で

何度か前世で一緒に居た人達との出会いを経験しています。

ソウルメイト探しというのが もてはやされていますが、

探さなくても出会ってしまうのが ソウルメイトだと思っています。

そしてお互いにすぐにわかります。 この人何か違うと。

本当に偶然、あと一瞬すれ違っていたら 絶対に出会わなかったであろう偶然の出会い。

そして 強烈な引き合いと 人生の中での影響力がある人たちです。

なぜ人たちというかというと、、、

一人ではないからです。 男女両方。 

そして 会わなくなったとしても また 昔のように話しができたり

魂の経過の時間が 現世の時間と流れかたが異なるような感じです。

フランス人の友人に はっきりとソウルメイトの一人だと思う人がいます。

フランスで柔道チャンピオンになったことのある人です。

日本に試合で来たときに偶然出会いました。 もうかれこれ20年前です。

お互いに母国語ではない英語で会話をするのですが、性格すら深く

わかりあえる感覚。そして、肉親と一緒にいるような安心感。

数年に1度 思い出したように 連絡先が目の前に出てきます。

紙が落ちてきたり、古い携帯が出てきたり。

そして 昨日もまた 出てきたので 連絡をしました。10年ぶりでも

さっきまで 会っていたような感覚です。常に連絡を取っていなくても

「やあ!」という感覚にすぐに戻ります。

前世での彼はネイティブアメリカンの青年で、時期酋長になるような立派な人でした。

私は彼の妹的な存在でした。シャーマンの卵としてだけでなく妹分として大切に扱ってくれていました。

いつも馬の乗り方を教えてくれたり 本当に優しくて 面倒見がよくて 尊敬できる兄のような存在でした。

今でも 同じような感覚を持ちます。

魂の記憶は何百年も続いているのだなと心から思います。

その人の イニシャルは JF。 私と同じです。

ソウルメイト同士は名前に特徴がある と ものの本に書いてあるのですが、

本当に不思議だと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました