何で自分の事は見えにくいのか。

先日、クライアントさんから聞かれたと同時に

自分でも そうか~!と腑に落ちた事です。

クライアントさんとスタッフさん、私で雑談をしていた時

断捨離の話になりました。 抱えている荷物を捨てれば新しい物が持てる。という事。

そして、クライアントさんは 両手に荷物を持っているイメージがきました。

その方は自分でもある程度の能力の自覚があり、上手に使っている人です。

うちのスタッフさんは「???」という感じで能力に関して、

私は彼女はかなり高い能力があると確信しているのですが、本人の自覚がありません。

私も実は自覚がなかったので、 どうして~!?と見ていくと。。。。

例えば 自分で自覚をもって能力を使える人は 自分の両手に荷物を持っています。

手に何をもっているのかを自分で確かめながら持つ事が出来ます。

自覚をもっていないスタッフさんをみると、 両手は空いています。しかし、背中にリュックをしょっているのです。

自分が生まれながら背負っていると(言葉どおりですね~!) 両手が空いているので

自分の背中になにがあるのかがわかりません。見えないから。

周囲からは丸見えです。 「あなた。リュックしょってるわよ!」と。

しかし、自分の姿を見る事ができないと、「え?わたしの背中になにかあるのですか?」という事になります。

荷物は手で持つよりも背中に背負っている方が 沢山大きな荷物を運べます。(能力)

しかし、自覚しないことにはリュックの中のスバラシイ宝物を使う事も、持っていると知ることもできません。

鏡が必要なのです。

鏡は 他人 です。

他人からの指摘であったり、態度であったり、 そういう事から推測するようになります。

だから、私もスピプロのKちゃんから

「え?だって、見えてるじゃん。持ってるじゃ~ん こうこう、こういう能力だよ。」と言われるまで

自分の背中にリュックがあるという事を知らなかったのです。

逆にKちゃんも 知りたがります。「ねえ。私どうなると思う??どうかな~?」

Kちゃんは自覚がありますが、それでも大きなリュックについての詳細はよくわからないのです。

だから 霊能者が自分の事をみえづらいというのは

ハッキリとした鏡があるわけではないので 推測することで自覚が始まるということなのです。

アチラから教えてもらって、 なるへそ!Q

と思いました。 まる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました