T君との関係(ソウルメイト)

ソウルメイト。

ここでも何度も書いていますが、激しく恋に落ちる運命の相手 のように ロマンチックに広がりすぎていますが

過去性等で関係が深かった人達は全員ソウルメイトです。

T君の事ももう10年以上前ですし、お互いに結婚もしているので

会いたい気持ちはありますし、常に気にかかる事はありますが もう一度やり直したい。という事ではありません。

ただ、モヤモヤするので(夢に常に出てくる。ナンデダ!?) 見てみようと組み込んでもらいました。

自分でもなんとなく見ていたのですが、やはり誰かに催眠をかけられ、誘導してもらうと

自分で見る時よりも 力が抜けて 丸投げにできるのでさらに細かく見る事ができます。

誘導者の誘導の仕方もあるので 経験と力量と相性とパワーかなと思います。 

思い込みで進めようとする術者もいるので 信用できる先生がいたら楽です。

(一度 閉口したことがあります。本当に何も答えたくないので、催眠中の自分がハッキリと答えません!と言いました)

ドアを開けて。。視えたもの。。

白と黒の牛(乳牛のようではなく。。ぶちのような感じ)と夕日が地平線へ沈む様子。

1000年代。平安時代の様子。(催眠時はハッキリと年も言います)

ああ。やはり。 牛かあ・この人生がかなり引っかかっているのだな~。

自分は十二単のような着物を着て 男性を想っています。男性は亡くなっていました。

ショックを受けた場面

子供同士の彼と私が毬つきをしたり、何かを蹴ったりして遊んでいます。

いつもいつも二人で遊んでいました。が、

大人たちが「身分が違うからもう遊んではいけない」と彼を追い出しました。。。

16歳の頃、私が短冊に文字を書き、歌を詠んでいると彼が牛を引いて入ってきて、歌を読み返してきました。

彼はとても頭が良くて、尊敬できる人でした。 私に追いつこうと歌の勉強も熱心にしていたようです、文字までは書けないと言っていました。

お互いに淡い恋心でした。

彼は私の牛車を牽く係。どこへ行くときも常に牛をひいてくれました。

私には政略結婚する相手がいて、その人と結婚しなければなりませんでした。

私は嫌で、泣いていましたが、どうしようもありません。

結婚相手(今世では会っていません)は 牛を牽いている彼を私が好きだという事を知って

牛をわざと大暴れさせ、彼を事故死させてしまいました。。。

彼の事をずっと想いつつ、息を引き取りました。

やはり。この前世かあ・・・と 何回か見ていた内容をさらに細かくしたような状態で

彼との関係を見ていました。

T君とは研修医時代に知り合い、彼は大学院。

お互いになんとなく付き合い始め、約7年、

私が結婚したいときに彼は仕事が忙しく、、彼が結婚したいときに私が開業当初で忙しく まだで。。と

本当にご縁のタイミングがずれていました。最後の最後、指輪ももらい、親とも顔合わせをし。。

しかしやはり色々妨害があり お別れしてしまいました。

嫌いで別れたわけではなかったので、その後も引っかかっていたのかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました