1960年代後半の曲が好き

私は1970年代前半生まれなのですが、

どうしても どうしても 1960後半から70年代にかけての曲が

洋楽、邦楽ともに 大好きです。絶好調に大好き。

青春時代を過ごした80年代~はまあ。そうかな。という感じなので

生まれる前の曲がどうして ツボに入っているのか 少々見てみました。

生まれる前の事になるようですが、

60年代~70年代は 「精神の時代」で

ドラッグセックスロックンロール サイケ 等

古い時代から新しい精神の転換がものすごく激しい動きでした。

オープンマインド、ラブ。 ドラッグ文化やヒッピー等の負の部分もありますが

人間が経る過程の中で 精神が開いた状態がドバドバきていたみたい。

それを 生まれる前の自分は「楽しそうだな~」とアチラから見ていたようです。

もう、生まれる数年前から「生まれる」と決めていた様で、

地球上の出来事を前もって勉強していたようです。

乱れた時代ではなく、人々が自分の心に忠実に、愛という精神で動いている様子。

そして そこの精神から(ドラッグ経由が多そうなのが 考え物です)

アチラとのやりとりがかなり頻繁に、アチラの精神が肉体を超えて流れ込んでいるような

芸術作品が多く生まれました。

自分の好みのモノや出来事等は 自分の前世や中間世で見聞きしたり体験した事が多いようです。

特に前世イギリス紳士のはじけ具合がやはり イギリス ロンドン な精神で

彼の精神の土壌にすんなりと受け入れられたようです。

紳士はジョージハリソンのように イギリスの植民地であったインドにも傾倒していたらしく、

大学時代もバリバリインドやサイケなファッションを好んで着ていました。

「60年代、サイケだけは絶対リバイバルしない」と周囲から言われ続け。。

浮いていたけれどまあ個性的だったので モンダイナシ。

でも来たよね。 エミリオプッチ等もそう。

これからは

ヴィクトリアン が来る!

(既に なんちゃってヴィクトリアン=ゴスロリは市民権を得ましたね。)

と思っています。

上品なヴィクトリアンの方ね。

夢は 生まれ育った地元 ヨコハマで

ヴィクトリアン祭り(祭りっていうのが日本人だわね~)を開催したいです!

19世紀後半の あの ロマンチックな世界。

開港により栄えていた 異国情緒満載のヨコハマは素敵です。

(だから 横浜に生まれたんですけれどもね♪ 誕生日にもメッセージ性があります♪)

コメント

タイトルとURLをコピーしました