兄を観る

私の人生の中で 対決しなければいけない人間がいるとしたら兄です。

出来るだけ関わらずに生きて来たので私に兄がいると知らない人もいるくらいです。(一人っ子だと思ってたらしい)

本当に有り難い事に 私は様々な面で 見えない力に支えられて今まで来ましたが

恐らく 兄妹という関係性、家族という関係性の中で[反面教師」として学びが多いのが兄だと思います。

物事が進んでいる最中はあまり見せてくれない(本人には)事が多いので

キーワードの様に出てくる事を書き留めていくと、起承転結がバラバラになって視えてきます。

昨日見えた事、「兄の前世は 大工。頑固な職人。腕と外面は良いが、家で酒乱 DV バクチ打ち」でした。

良い面もあるのでしょう。 家族以外には面倒見が良すぎて利用されてしまいますから。

お金に関しても宵越しの金は持たない主義で、人情で仕事を受けてしまう事もあったので

感謝される反面、騙される事も多く、お人良し。 

注意されたり諭されたりすることが 大嫌いで聞く耳を持ちません。

自分の腕に胡坐をかいて、「雨なら仕事しない。寒ければ仕事しない。職場の雰囲気が気に食わなければ仕事しない」と

結局 後続の後輩職人たちに なまけているうち追い越され、自分のふがいなさを家族に八つ当たりし 

最期は。。。 穏やかに畳の上で亡くなってはいない様子でした。 

今の人生とかなりかぶっています。 そして同じような事を繰り返しています。

ここで、本人が自分の気質を理解し、修正を加えて行かないといつまでも同じような人生を送ってしまいます。

来世でも。

何故、兄の人生と私の人生が交差したのかは しばらく私には謎だと思います。(本当に当人にはちらっとしか答えを見せない)

なんとなく 母と父からのご縁で 兄妹になったようなのですが。。。

父が材木問屋で一代で財を築いた前世と関係があるようです。私もその時は 花魁として父との関連がありました。

@ どうも、両親と兄との前世からの関係で、両親の心やすべてに関して兄を乗り越える為に相当な苦労があるので

私が応援団として送り込まれた様子。。。 

両親が「育て方が間違っていたのか・・」と悩む度、

「育て方じゃないよ。育ち方だよ」と 声をかけています。

そしてくじけそうになる両親にできるだけ感謝を「子供の立場」として

口に出して伝えるようにしています。「私は本当に感謝しているから」と。

口に出して 感謝や愛情を恥ずかしくなく伝える事が出来るようになったのは 

前の夫からの良い影響ですから 前夫との学びはかなり大きいですw

日本人だと言わないし表現しませんからね~~~:::

あまり種明かしをされると 「関係の最後」が近い場合もありますので

少々。。何か起きるか怖いです。

前夫の時にも 関係性が終わる時に(このときは卒業でした) はっきりとわかりましたし

その後 答え合わせのように もっと理解ができました。 だからスッキリしているのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました