バイノーラル録音機 使用方法 音UPしました。


バイノーラル録音機

こんな感じでマイク兼イヤホンと、コードが2本あります。
赤がマイク、黒がイヤホンジャックに繋げて録音します。

イヤホンがマイクになっているので耳の位置が録音位置になり、

上下左右音が移動して包まれる感覚が面白いです。

ヘッドホンで聞くと、左右に移動するとき、おでこのあたりを通る感じや上に行く感じがふわふわ出てくるので

遠近感を感じる様子などを注意して聞いてみてください。 ガシャガシャうるさいですから(子供はよく寝ます)

音は小さめから始めてみてください。ループにして夜に寝るときに聞いていると

相性が合えば変性意識になりやすくなります。車の運転時などは聞かないでください。

録音される方だと風の音なども拾わないように気を付けるのが必須だとご存じだと思いますが

前にはついていなかったらしい ウインドスクリーンもついています。

これで息が「ぼーぼー」と鳴る耳障りな音が軽減します。

録音機は一昔前のボイストレック。

充電式ではなく、電池式でマイクロSDで記録できるものを探していました。

どうも内臓電池は 使い倒したときに 内部の電池がやられて買い替えの恐怖があるので

電池はエネループ。で マイクロSD MP3録音 お手軽に。もっと音を良く録音したいなら

データ量が多い形式で録音してくださいませ。 前にリニア録音機を買おうかな?と思っていましたが臨場感だけなら

しばらくはこのバイノーラルマイクで良いかな?と思っています。
人気ブログランキングへ

Roland ローランド バイノーラル マイクロホン イヤホン CS-10EM
クリエーター情報なし
ローランド

コメント

タイトルとURLをコピーしました