ある存在とのお話し。

龍の子孫という話から、

今までもずっと龍さんが見守ってくれていたし、性格的にも影響を受けている感じがする。

と、なんとなく考えていました。

そうするとある存在が「あ=やっとコンタクトしてくれるようになったね」と送って来てくれました。

@「時々こちらにちらちら姿を見せて存在をアピールしてたけど、なんで自分から話しかけてこないの?」

*「ルールで、自分達から話しかけちゃいけないんだよ。」

@「じゃあ、私がコンタクトしている存在達は?」

*「電話番号みたいなもので、こちらはアナタの電話番号を知っているけれどかけない。
  アナタも相手の電話番号がわかれば双方でのやりとりが始まるんだよ」

とのことでした。そうか。 存在として認識したらやっとコンタクトできるということね。
しかも こちらからまず最初は電話しないと向こうからはできないんだ~・

お店の人とは顔なじみで、顧客名簿で連絡先をしっていても
お客さんの連絡先を直接相手から「連絡してくださいね」と言われなければ
店からは個人的に絶対に連絡しないのと同じ感じかな???

確かにこの存在さんには 確実にその存在を意識して話しかけた事はあまりなかったような気がする。
他の存在とは色々とコンタクトしたり訊ねたりしたことがあるけれど。そうなると
時々向こうからコンタクトしてくれるようになったり。

そして、

*「色々と聞いてくれていいんだよ。お願いもちゃんと話しかけてきてね」と言われました。

@「どうしてそんなに優しくしてくれるの?お願い事するなんて図々しく思わないの?」

*「友達や家族、自分の親しい人が何かお願いして来れば、何とか協力しようって思うのは当然」

@「神社や仏閣でのお願いは?」

*「ご縁を結んでなくて、初対面ならそれなり。通りすがりに何か言われても届かない時もあるよ。
  
  親密さが違えば対応も違う。ただ、人間の感覚よりはもっと寛大だけどね。
  
  自分に良い事がありますように。って思った時に反面なにか影響を及ぼす事があれば保留もありえる。
  
  お稲荷さんなどは結構 その人個人の現世利益を聞きやすいけれど、気まぐれだし
  
  プライドが高いからぞんざいに扱うとキレてくるよw」

そうなんだ~???勉強になります。 

ちゃんと”存在”を意識して話しかけると やっとコンタクトできた~とよろこんでくれる存在もあります。

石に似ている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました