なまずの夢

出張で仙台に行く前日、はっきりした夢を見ました。

目のギョロっと大きい細身の男性が「いっしょに釣りに行こう」と誘ってくれました。

なんとなく見た事があるようなないような。。。知らない人です。

受付で 「3200円です」と言われ、「僕が払うよ」と男性が日本円ではない不思議なお札で支払ってくれました。

池に行くとなまずがいっぱいです。普通の黒と白。

最初に釣ったなまずは逃げてしまいました。

次にかかったものは 金色のなまずでした。

「珍しいこともあるね」と言いながら 針を外して、

「釣ったはいいけど、どうするの?食べるの?リリース?」とかなんとか。

そこで起きました。

琥珀の◎◎どんに朝、「あのなまず、◎◎どんに似てたね。◎◎どんだったの?」と聞くと

「当たり!と言いたい所だけど、、、オレ黄色かい?」(琥珀色です)

う~ん。違うってことだな。とおもいながら

メモしよう。とメモしました。まる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました