伝える苦悩

子供の頃、小学生くらいまで 

誰かが自分に何かしてきたり 本人は何気ないことと思って発してきた言葉に

傷ついたり「自分の意見や行動は違う」と思っても何も言いませんでした。

余計ないざこざは面倒だし、華麗にスルーすればいいと思っていました。
自分が黙っていれば良い。そう思っていました。
そうすれば「良い子ね。」と言ってもらえる。 
でもどんどん要求がエスカレートしていく。。

周囲の子達もニコニコしながらその場はスルー。 後で裏で「あれ、どう思う?」とかなんとか。

それも嫌でした。裏でいうくらいなら本人目の前にいるその瞬間に言えばいいのに。

「何も言わないってことは「YES」ととられてしまうんだよ。」と
海外の友人達との関係でイヤというほど身に染みました。

そこで自分なりのルールを作りました。

発した本人は何も考えずにそのまま発しているであろうから

@こちらが気にしない 反論しなかった なら裏でも何も言わない。(ニコニコしているのも肯定の一つ)

@気にかかる事、自分は同意できない事であればその場で言う。

@断る勇気 

@自分が「良いよ」とYESをだしたら 全力でフォローをする。

相手はこちらの感情や考えを「聞いていない、知らない」から気にしないで発するだけなので
こちらがちゃんと「それにはこう思っています」と伝えて表現しなければ 相手がわかるはずがありません。

もちろん相手にだけ求めるのではなく 自分も逆の立場なら聞いて理解しようと努めますし
断られたら「そうなんだ」と思うだけ。

~~~~

「私は嫌です。同意できません」と説明、表現したにも関わらず、

「それくらい良いじゃん」とか「何言ってるの?」とか
「自分はかまわないけど。。」とかそういう反応の同調圧力も変だと感じます。

その人はその人。自分は自分。自分は考えを示した。だけです。 以上。

自分の考えを示さずに相手に察してくれ!と思うのは自分勝手で独りよがりなので気を付けるし
誰かの意見も尊重する。ただ線引きをする。

線引きをしているのにずかずか踏み込まれるのも嫌だ。

ネガティブな反応を示すって凄く思い切りが必要です。嫌われる覚悟。

しかし 全ての事に YES ばかり言っていられない。

抱え込み過ぎると自分がいっぱいいっぱいになってしまうので無理しない。

日本人はとても感情的にウェットなので

「NO=自分を嫌ってる」に変換しがちで そのあたりがドロっとした感じを受けます。

その人を好きとか嫌いとかそんな単純な話ではないでしょう?と

時間と場所とタイミングと都合と感情と体調と感性が合わなかっただけ。

我慢をすると筋膜に溜まるよ~とあちらから言われます。

表情筋の筋膜に留まると何年もかけて表情を作り上げてしまいます。

ストレスを溜めるような事ばかりしていると 30代~から少しずつ顔に出ます。

40代では生き方がドンドン顔に出ます。

もう人生半分来てるので、無理はしないようにします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました