噴火とグランディングと暴走した念

ここ最近の噴火傾向、

インチョの腕毛がぞわぞわするのは

「これってスピリチュアル的グランディングエネルギーを地球の中心に流し過ぎなんじゃないんでしょうか?」と聞いてみました。

ここを見る方はほぼグランディングをされたり耳にしたりした事があるのではないかと思うのですが

その時に地球の中心に錘を下げるとか繋げて 不要なエネルギーを流すとか。云々。。

えっと。パワースポットや登山の辺りでも書いてありますが

あまりに利己的なお願いやら念やら願掛けやらいらない精神的なゴミやらをエネルギーとして垂れ流ししすぎてるんじゃないでしょうか?と。

この手の手法をテクニックとして教えている本やらセミナー等がありますが

心の在り様をちゃんと教えているのでしょうか?

人間の思考にはちゃんと方向性を持ったエネルギーがあります。(マユツバ)

例えば、心根の病んでいる人がそのテクニックを使い垂れ流したり、感謝というより願掛け(呪詛ですわ。正直)と称して

利己的なエネルギーを送り込んでしまうと さて。どうなるでしょう。

物事にはキャパというものがありますので(キャパが無いのではなく、際限が見えないだけの場合もある)

皆がみな どわーーっと垂れ流したらどういう事になるかは 容易に考え付くと思います。

分別して燃えるごみを適量焼却炉で燃やすのは問題が少ないです。

しかし、無分別であれもこれも焼却炉にたたき込めばキャパがオーバーしてしまいます。

人間の思考も、まずは自己処理し、自分で出来る所までは解決、落ち着けてから残りを 「感謝」として奉げる事がないと

この様な事、もっと暴走したエネルギーに手を焼くと思われます。

テクニックとしてある程度 公表されているので誰でも出来る事ですが、

富士山の登山、以前よりハードルが低く皆が一斉に登りはじめたら どうなりましたか? 環境の悪化、事故の増加。

それは 一人ひとりの ゴミを 放置してこない様にするしかない。(念もそうです。願掛けもそうです。)

せめて 山へ入る時、パワースポットへ行くとき エネルギーを浄化するとき

その辺りの エゴが 入っていないかどうかを もっとよく考えてから行動をする方が 

良いんじゃないかと思います。

人気ブログランキングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました