願い事がかなうこと。

明けましておめでとうございます。
もう一月も終わりですが。

去年、一昨年は本当に目まぐるしく物事が動いて、
今年はあと少しでもっと大きな波が来ます。

スピの方は意識して接触を断っていたのですが、
色々と、運よく助けられていると本当に感謝する日々なので
なんでかな>>>と思っていたところ、或ることが浮かびました。

願い事(願望が叶いやすいかどうか)

自分の都合のいい部分だけを望まない。

これってトテモ大切なことで、願掛けするときに甘いもの断ちをするのに似てる?のかなと思います。

生きている人間同士の交渉でも、自分に都合のいい条件ばかりを相手に投げかけていると
相手にされません。
その条件を緩和したり、相手の不利にならないような条件を自ら差し出すということが
思わぬ所で威力を発揮するのです。

願いがかないやすい人とそうでない人、物事が上手く回る人と回らない人では
そこに大きな差があるように思います。

スぴの相談でも、「離婚はしたいけど、経済的に自立する自信がないから夫と別れられない」ということを山ほど受けます。

その時にお話しを聞いていると、自分は辛い目に遭いたくないし、条件の良いように行きたいと言うことだけで
相手(夫等)が今現在の状態でどのように感じているか、相手と交渉する時にどう相手も折り合いをつけられるかどうかなど
あまり聞きません。とにかく「自分がどう不利にならないか」と言うことだけなのです。

自分が自分自身を大切なように、相手にも立場や大切な事があるのです。

その事をすっかり自分本位に考えて相手にぶつけるだけでは相手もNOしか突きつけません。
相手に乗ってもらうには、自分も自我を抑えて条件をゆるくし、相手が乗りやすいように相手に有利な部分も
含めて考えないと叶うものも叶わなくなる。

人間同士のやり取り以外でも
○○したい。と思えば 自分でもアクションを起こさないと何も起きないし
方向違いの自分勝手な条件では見向きもされないし
100%自分の望む条件など自分がある程度の実績や努力を積んでいないと受け入れてもらえない事がほとんどなので

運が良い、悪いということと願いが叶いやすい、にくいということは
基本自分がどう今まで事柄や、人間に対してしてきているのかということで変わるように強く思います。

契約の交渉などと同じように、自分が望む事、叶えたい事があるならば
相手にもそれ相応に「欲しい。交渉に乗りたい」と思わせる何かを持っていればホボ叶う。
当たり前のことなのです。

自分は自分自身に何もウリを作らず、作る努力もせず(方向性がちがう努力も含め)
相手には折れまくってくださいね♪というのは宝くじに当たるほど叶う確率が低くなる。

自分が叶えたい事、願望に達するまでは努力も我慢も時間も必要でしょうし、
時には賭けのようなリスクを取ることも必要です。

自分も痛い思いをすれば、些細なことでも感謝できるようになるし
相手もこのように辛いんだろうなという 相手の立場にもなれるようになるし
少しずつ寛容にもなってくるし、お互い様という気持ちも湧き出てくる。

ぶつけあっているだけでは叶う事はほぼ不可能で、

願うということは、どこかしらへ 依頼をしていることなので

お金を出さないで口だけ出す人を相手にする他人は皆無ですし
買い物に行って料金を払わなければモノを買えません。

大切なお金という引き換え条件を差し出して、相手も条件に乗るのです。

簡単な例しか書けませんが、 自分がその条件を飲ませる代わりに 相手に不利にならないよう配慮する心構えを
常に持っている事が 物事の成否を決める事だと強く思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました