こういうひと 苦手だなあ・

電動スクーターが欲しいな と思って
ネットでコメントとバイクを検索。 その時、

**私も発売より非常に興味があり、今週はじめに実車を見、見積もりをしてもらいましたが、見積書を見てびっくり、1円の値引きもなし、(付属品を含めて)、購買意欲がなくなりました。 YAMAHA、販売店は売る気が有るのかな?

こういうコメントみて ああ。というか なんだか 最近こういう人増えたなと思いました。

自分が欲しいと思ったときに、提示してある金額が予算より高いと思えば
それを出せるようにやりくりする というのが 当たり前だとおもっていたから。

金額を見て購買意欲がなくなるなら そこまで欲しくないんだろうという思考にはならないのかな?

自分より、相手のせい という人が増えてくると
不当な要求や、変なクレーム、 自分の身は切らないけど店側に切らせまくるという 

自分だけが得すればいい。 の 空気が 日本で蔓延し始めているなとも感じるし

根本がそういう思考の人に なんらかで関わると ストレスになる。

小さな言でも こだわる事の こだわりの位置が違うというのかなぁ・

新製品出たてからの金額なんて 早く手に入る事と引き換えに 希望小売価格で売られているんだから
欲しければ 買うし、 条件が合わなければ 買わない。 というだけじゃないのかな??

売る気があるのかな?って ww

こういう人とは 実生活でも価値観が違って話が合わない事が多いので
小さい一言かもしれないけれど

その人の価値観、考え方が 現れるなあと 反面教師。

コメント

  1. 通りすがり より:

    Unknown
    人それぞれ考え方が違うので仕方ないのでは?

    日本では言い値で買うのが当たり前(自分の条件と相手の条件をすり合わせる交渉がほとんど行われない)ですが、国外を見回せば値引き交渉が当たり前の国はいくらでもあります。そういう国の人々も「苦手」なんでしょうか?

    相手の提示した条件は絶対に変わらないものであり、それを自分が飲むか飲まないかの選択肢しか自分に残さないと言うのは非常に勿体無いように思います。対話・交渉の可能性を一切切り捨てているわけですから。昔は日本もこうした交渉が当たり前だったはずなのに、いつの間にか「買うか/買わないか」の選択肢だけで双方の交流もなんにもなくなってしまったのは、とても残念です。自分の条件に合わない=買わないという考え方の背景には、「どうせ交渉しても無駄(交渉の余地なし)」という思いが見て取れますが、それもいまの日本社会に昔のような柔軟性がなくなってしまったからなのかもしれませんね。

    もちろん自分のことだけを考えた一方的な値切りは健全な交渉でないので論外ですが。

  2. くぅ より:

    Unknown
    こんにちは。

    自分の常識が一般常識って思っているひとは沢山いますよね。
    それで価値観が違うものに出会うと批判する。
    自分の中だけで終らしてくれるといいのですが、最近は匿名でネットへ書き込み、悪意を広める人が多い。
    悪意は悪意を呼びネット上で怨霊と化す気がします。
    私もそういう人にはなりたくないです!
    気付きの為の反面教師、必要悪なんですかね・・・

  3. Ham より:

    Unknown
    お久しぶりです。Hamです ^^

    ぼくもこういう人は、苦手ですね。
    うまく説明出来ないですが、合わないです。

    善し悪しじゃなくて、
    そういう人はそういう人でいいとは思いますが、
    自分の気持ちよりも、
    お金をモノサシにして考えているところが、
    合わないのかな?

    売る気があるのかな?という部分が、
    なんだか、いたたまれない気持ちになります。

  4. インチョ より:

    Unknown
    こんにちは。
    通りすがりさん
    あくまでも 私は 苦手です。

    くぅさん
    日本では 人と人とが面と向かって話し合う土壌が最近あまりないように感じるので、ネットのエスカレートって
    怖く感じます。

    Hamさん
    私も、この 瞬間的に感じる 苦手感は
    なんだろうな~と 思っております。

    自分は少しでも損したくない 
    相手が もっと自分のことを思って
    言わなくても 前もって
    値引きしてくれるのが当たり前!
    って 気持ちが見え隠れしてるからかなとか。

タイトルとURLをコピーしました