スピリチュアル

ひふみ神示

投稿日:

遅まきながら 日月神示完訳というものに目を触れ、
読んでみました。

ほんとうの神示は 数字と記号で書いてあるそうなのですが、
それを読みやすい漢字とひらがなで書き換えていて
読みやすい。

とはいえ、読みにくいけど。

それなりに意味は取れる。へ~そうだよね~と思う事多々あり。

今は昭和19年頃に書かれた部分を読みはじめたのが、たまたま6の月のあたりで

戦争をなぞらえて書かれているといわれているのだけれど

今現在の日本の状況にもとても沿っていて面白い。

天変地異や 外国勢力からの攻防、人の心の乱れを正さなければいけないこと。

どの時代にも共通する普遍的な事なのだろう。

時代に必要になれば、時代に合ってどのようにも意味が取れるように思う。

人間は同じ過ちを繰り返す。

同じ過ちを諭すように書いてあるものならば
いつの人たちにも必要な戒めだと思う。

もっと読み進めていこう。

ニュースレターを購読します

-スピリチュアル

Copyright© スピリチュアルな体験談(つづき) , 2019 All Rights Reserved.