テクニカルターム・チャネラーの資質

歯科大の試験の中でも
臨床に入ると テクニカルタームの試験があります。

専門用語という意味です。

テクニカルタームを理解し 利用することで会話が短縮できます。

専門家同士では共通言語として使用しています。

どの世界でも 専門性が高くなると 沢山のテクニカルタームがあります。

それを 一般的にわかりやすく説明するのに 倍以上時間がかかったりします。

スピでの翻訳もそうで、自分の中の言葉、言語を
そのまま一般語に直す時の言葉選びによっては 意味が難しくなったり
伝えにくくなってしまうので

あちらからの言われる事で本当に口すっぱく言われること

様々な知識を持ちなさい。

これも 木村藤子さんの本で言わんとすることではないかと思います。
表現力、翻訳力 語彙。

語彙はお互いに知らないと通じないモノもあるので

聞くほう、話す方、お互いにレベルアップすると もっと通じやすくなると思います。

チャネリングする時の向こうからの通訳選びも そのあたりが問題になるようです。

無学で知識が無い人が 難しい事を言い出す方が センセーショナルだという考えを持つガイドもいれば
ある程度の飲み込みと理解力と表現力をもとめる ガイドもいます。

チャネラーの資質として思うことは 様々な知識や表現を身に着けるということが必要。

日々 様々な出来事に興味を持ち、言葉を蓄える事によりさらに向こうからのアクセスもしやすくなるそう。

人は同じニオイを持つ人同士が一緒に居やすいので (類は友を呼ぶ)

普段接していて無理のない人間関係では 知識、意識 表現などが似通っているように思います。

勉強なんてしなくったって生きていけるよね~というグループは、そういう人同士が集まり、居心地が良い。
上を目指したいというグループは 向上心のある人同士でいると居心地が良いけれど、
無駄だよーという人がいると バランスを崩したり。
勉強なんて要らないグループの人からすれば、向上心のある人はうっとおしく感じるでしょう。

考えが違うもの同士がいることも、お互い そういう世界があるのだと知る上では 必要です。

色が違う という感じに思うのですが、

青と赤が混ざって 紫になるように、 そこに 相手への理解というエッセンスや共通言語があるという
基礎知識があれば 面白い化学反応も、素晴らしい色も出来上がると思うのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました