夢メモ

昨日の夢

教室のようなところで、元同級生たちと雑談中
知っているような、知らない人が

こっち。こっち。と呼ぶので そちらの方へ歩いて行った。

木で出来た長椅子に横に腰掛けて
私は彼の左側にいた。

元気?大丈夫だった?と声をかけると
@うん。まあね。 とだけ。 彼が顔をゆがめるので視線を落とすと
左わき腹に 大きな穴が開いている。

そんな状態で生きれるの?と聞くと、
@う~ん。。。 と 彼は苦笑いして、そのままどこかへ行った。

元同級生たちの教室へ帰り、

今わき腹に凄い大きな穴が開いている人がいたよ。生きていないかも。
という 会話をした。。。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました